BLOG 2021 / 03 / 13

人生のオプションとして本業だけでなく『稼げる副業先』も確保しましょう 

副業を人生のオプションにしてください

こんにちは、当店のマネージャーです。今回はちょっと気楽なお話です。肩の力を抜いて聞いていただければと思います。簡潔にいうと、「副業してみない?」という趣旨ですね(笑)

当ボーイズバーには学生も多く在籍しています。彼らの姿を見ていると、求人募集もこまめに見て面接対策SPI対策なんかも力を入れて、就職活動はずいぶんと念入りにやっています。真面目な子が多いからですかね(そんなこともないけど)。でも、どこかひとつ抜けているというか、「それだけで人生いいのか?」と思うんですよね。

というのも、僕は立場上まあアレな部分もあって言えませんが、稼ぎ口なんてひとつだけじゃ足りないですよ。ましてやこの時代、ダブルワークなんて、当たり前です。それくらい人生のひとつのオプションとして考えなければ、生き抜けないときが来ていると思います。

セカンドオピニオンみたいなものです

あれですね。例えば歯医者を例にしましょう、めっちゃ削る歯医者と、そうでもない歯医者がいて、一回一方で治療計画を聞いたら、やっぱりもうひとつでも治療計画を聞くべきじゃないですか。セカンドオピニオン。それでそのときは最良と思う選択をして、そうでなかった方も記憶にとどめておく、そういう感覚で仕事も捉えた方がいいでしょう。

僕も実際、この仕事がダメなら…ってやっぱり言ってはいけないんですけど(笑)、まあなんとかなるぜとは適当には考えていません。それなりにコレをやるってことをきちんと考えています。そういう意味では水商売でも真面目なんです。だからこそ人生に真剣なんです。

就職すると同時に、何か別の場所にアタリをつけておくべきではないか、僕が言いたいのはそういうことです。人生で最初の大きな選択ですよ。失敗することもあります。転んだあとにどう立つか、そこまでイメージしておかないと、リアルに積みます。これ本当ですよ。

本業と副業を一緒に決めよう

今は増して本業、副業ということをみんな考えているような状態ですよね。本業だけでは立ち行かない人も多く出てきていると思います。そんなときには、副業です。それもなるべく安定した副業。もちろんそうなると出勤数などもちゃんとしないといけませんが、その分時間はフル活用できるといえます。

僕もたまーに店舗業務でヒマなとき、この時間がカネになったらな、と思うんです。早上がりのときとかね。本業を決めるのと一緒に、そういう意味では、自分の残り時間を有効活用できる副業もマストで要るんじゃないでしょうか。社会人としてのリアルな意見です。

けれど両方をちゃんとやろうと思うと、たぶん疲れますね。だから、うちをひとつ、就職先を決めると共に、副業の道として選んでみてはどうでしょうか。新宿でこれくらい給料のいい高額バイトは、なかなかないですよ。悪くない選択肢だと思いませんか? ともあれ社会に出たら自分の力で生き抜くしかないわけですが、その支えになるので考えてみてください。