BLOG 2021 / 03 / 12

海上自衛隊の道を蹴ってキャストのバイトから社員として就職

海上自衛官の道を考え直して

大学二年生からこのお店で働いています。現在、約二年の経験を積んで、来月より、マネージャーとして当店に入社することになりました。店舗業務は半年ほど前から、行く先を見据えて勉強させていただいており、自分ながら、問題なくこなせるかと自負しております。

大学も体育会系で、根性だけは据わっているものと思いますし、少々のことでは絶対にくじけません。実は海上自衛官の内定が決定していたのですが、両親を説得し、当店でアルバイトから社員になる道を選びました。それも、このお店に大恩を感じているがゆえです。

もちろん水商売ですので、生半可な覚悟で務まるものではないと思いますが、自分としてはそれくらいの責任感がなければ、ハリが感じられません。のしかかる大きいものを自分の力でひっくり返してこそ、人間力というものです。その強さを養うため、このお店に正式に就職して、修行したいです。

最初は軽いバイトのつもりでしたが

今でこそこのように力をみなぎらせていますが、実は、最初は、ありがちな動機で入店してきた僕です。新宿の高額バイトの求人募集、ボーイズバー、なんか面白そうだし稼げるだろう、と。普通のバイトをするより、こういう世界の方が刺激がありそうだと選びました。

それが実際に働き始めてみるとお店の中の雰囲気はすごいものがありました。キャストたちはフリーな感じなのですが、店舗経営に回っている人たちは、みなさん真剣です。それはこれまで僕が経験してきたちょっとしたバイトの社員なんかとは比べ物にならない姿勢でした。それに感服して、「自分もこの人たちに負けない仕事をしなきゃ」と思ったのです。やはり給料がよかったのも、続けられた理由ですね。

接客で学んだことは多く、またもちろん多少の失敗も重ね、その経緯をここに書き表すことはできません。非常に総量の高い経験をしました。アルバイトから社員になることも、一年ほどやって薄々頭に浮かべていました。そして半年前に、正式に申し込んだ次第です。

今後もお客様との出会いを大切に

春から社員になることが決まっているわけですが、もちろん現場で学んだことを忘れてはいけないと思っています。その感覚をフィードバックして、より良い接客、お客様とキャストのマッチングができれば、と考えています。現場の経験値は最大限に生かしたいです。

ボーイズバーそのものは水商売ですが、幸い当店は多くのお客様から安定したご愛顧を承っており、経営母体もしっかりとしています。それは僕のキャスト経験から明確なことです。「こんなにすごいお客様に守られているんだ」と、肌で感じることも多々ありました。

そのようなお客様との出会いが、体育会系に凝り固まっていた自分の考えを解してくれた部分もあると思います。今後は立場こそ変わりますが、自分を育ててくださったお客様とお店に恩返しできるように、努めていきたいです。今、胸の中は希望に満ち溢れています。