ボーイズバーアルバイト体験談 2020 / 10 / 23

タクシードライバーが副業で出張ホストを開始

タクシードライバーの傍ら

本業は、都内のタクシードライバーです。この春からコロナの影響で電車通勤が避けられるようになり、自家用車を使う方が増えて、都内は本当に混んでいますね。僕自身も運転していて、疲れることが多いです。去年までとはまったく違う交通事情になっています。

しかもどうやら東京の運転者は、結構、ペーパードライバーが多いようですね。なかなか自家用車を持てるような地価ではないので、運転する機会が少なく、免許を取ったままとなっていて、確かに見ていて危険そうな運転も目立ちます。

そこで今では、ペーパードライバー向けにドライビングテクニックを教え直す会社もあるのだとか。いろいろと考えるものですね。うちのタクシー会社はもともと副業OKということもあり、タクシーの分母が増えて利用者が相対的に少なくなるという悪循環に陥って給料も悪くなっていたので、求人募集をいろいろと見て、個人的に出張ホストのバイトを始めました。

運転を教えてほしい、とのご要望も

ご指名いただくお客様は様々で、その都度少しずつ異なる仕事内容を、僕も楽しませてもらっています。ただ、「こんな仕事があるのか」と思ったのが、運転指導です。

先述のように「久々の運転で…」という方が多く、そのようなお客様からのご要望で、都内でのドライブをご一緒させていただく機会があります。みなさん、確かに隣に乗車していて、少し怖いような運転をなさりますね…(笑)

僕が運転を変わって、感覚をお伝えすると、「なるほど」とわかっていただけて、めきめきハンドリングや確認が自然に滑らかになるのを見ると、タクシードライバーという単調な仕事もやってきて損はなかったなと思います。なんでも経験しておくものですね。

傾向としては、やはりやや高齢のお客様から、運転指導のリクエストが多いです。けれどみなさん、ペーパードライバーでありながら、さすがにすばらしい上等な車の持ち主で、驚かされるばかりです。これを使わないでどうする、と思いますね(笑)

ドライブそのものが仕事になることも

運転はもともと好きというか、慣れっこなので、出張ホストで運転の仕事が入ったときも感覚としてはむしろ気楽なものです。自分の本業とほとんど同じ感覚で、しかもお客様とのおしゃべりを楽しみながら(まったく運転が苦手な方とは楽しむ余裕がないときもありますが…)、それで高収入をいただけるのだから、いい高額バイトだなと思います。

最近では、ドライブそのものが仕事になることも増えてきました。というのも、僕があまりに都内の交通事情に精通しているもので、「一緒に隣に座っているだけで楽しい」というお客様の声が増えてきており、連続でドライブ指名を頂戴できることもあります。

そういうときはお客様の高級な車も運転できるし、新宿の街を飛び出して、東京の裏道をご案内できたりするのは、個人的な喜びでもあります。しかも、ついでに入ったレストランでおいしいお食事をご馳走になったりもして、稼げるにプラスして、何かと得した気分になることも多いです。