ボーイズバーアルバイト体験談 2020 / 09 / 21

元部活仲間とボーイズバーのアルバイトに応募し高収入ゲット

四者四様の芸風で入店!

僕たち、4人組でボーイズバーに入店しました。こういう例は、さすがにあまりないようです。まあ、大学で気が合ったお調子者4人ってところですかね。これがなかなかウケていて、お店でもチップをはずんでもらったり。みんなで「成功だったな」と言っています。

僕たちは、大学でラグビーをしていた4人組の仲間です。まあ普通の奴(僕です)、調子のいい奴、酒にそんなに強くない奴、ガタイが良すぎるバカ、と四者四様ですね。個性豊かな面々ですが、みんな似た者同士みたいなところもあって、大学を出た後も「まあなんとかなるだろう」というお気楽な精神で、プラプラ~とその日暮らしで過ごしていました。

そんなある日、僕がある筋から聞き込んできた高収入バイトの話をみんなにすると、「それ面白いんじゃない?」「一回だけためしにやってみるか」ということになって、4人で面接に行きました。こんなことははじめてだとお店の方も苦笑されていましたが、まあノリと勢いで採用してもらい、その週末からスタートです。

常連様に伝統芸披露でチップ稼ぎ

最初は、このお店の常連であるお客様に指名をいただきました。相手に余裕があったので僕たちも慣れないながら、頑張って接客できたのだと思います。「仲のいい感じがいいね」と結構気に入ってもらえて、「なんかやってよ、芸みたいなの」といきなり振られました。

けれど、そこでドギマギしちゃって何もできない僕たちじゃありません。以前、部活で酒を飲んだ時の伝統芸を披露すると、お客様も大喜びで、「バカすぎ!」と大ウケしてチップをすごく弾んでくれました。

4人で呼ばれるのが楽しみ

すごくうれしいのが、それからも、友達と一緒に指名されるのが多いことです。そうなるともうこっちのものというか、大学時代からの連携ができているので、高確率で爆笑をかっさらってチップ収入で給料も最高です。

それに、自分たちもこういうノリで接客できると、楽しいんですよね。まったく「アルバイト」という感じの苦労がありません。お互い協力して高収入を実現できていて、より連帯が深まっています。もちろん、仕事の後は、みんなで新宿で食事に行ったり飲みに行ったり休日は一緒に何かしたりと、以前までのような付き合いも変わりません。

友達と応募してみるのもいいと思います!

もし今、何かいいアルバイトがしたいと探している人がいたら、ボーイズバーの仕事に、友達と一緒に応募してみるのもアリだと思います。そうするととにかく気楽だし。この仕事のハードルが下がると思います。お店の方でも、そういうのは歓迎ムードですしね。

大学生でも、社会人でも、部活繋がりでも、必ずしも体育会じゃなくても、こういう「仲間ネタ」「身内ネタ」みたいなのを喜んでくれるお客様は、結構多いみたいです。「仲が良いのを見ていたい」という方もいたりなんかして。仲間同士で応募、いいでしょう。