ボーイズバーアルバイト体験談 2020 / 09 / 20

柔道整復師からメンズバーのキャスト兼マッサージ師に転職

コロナ禍で整骨院をクビに…新たな道を求めて

学校を卒業して柔道整復師の資格をとりました。それからはしばらく、町の整骨院で働いていました。肩こりや腰痛でやってこられるお客様の疲れをとってさしあげる、あのマッサージ師の仕事ですね。これはこれでやりがいがあり、僕としても好きな仕事でした。

けれど、残念なことに、この半年、コロナ禍で売り上げが激減してしまいました。とうとう先日解雇されてしまい、失業の身に。けれど、こんなことでへこたれている場合ではないと、次の仕事を探して、先日、メンズバーのスタッフに転身しました。

自分としては、当面の生活費を稼ぐために探した高額バイトで、偶然見つけられて良かった、という感じだったのですが、二ヶ月続けてみて、この仕事、僕に合っているなと感じます。ここでも、以前までの柔道整復師のスキルが活かせて、かなり稼げています。

転職成功!メンズバーでも楽しく働いています

やっぱりお店にやってこられるお客様、みんなどこかに痛いところとか凝っているところがあるんですよね。「実は僕、前まで整骨院で働いていたんですよ」と打ち明けると、必ず、「え? じゃあちょっとマッサージして」という話になります。

そうなれば、こっちのもんです。整骨院時代よりも、より丁寧で入念なマッサージをして差し上げると、オチないお客様はいません(笑)これで、骨抜き、です。おかげで転職してから、僕のことをメンズバーのスタッフ兼マッサージ師として指名してくださる方が後を絶ちません。

定期の指名とチップで以前よりも稼げているかも

僕のマッサージに、特にハマってらっしゃるお客様がいます。その方は今では毎週二回必ず指名をくださり、その分とは別に、必ずマッサージでチップもいただきます。それがかなりの額で、このお客様の売り上げとチップだけで、以前の整骨院時代よりも稼げているかもしれません。…まあ、転職前、給料がそんなに高くなかったせいもあるのですが(笑)

こんな感じで売り上げを作っていけば、いずれ、かなりの額の貯金ができるかもしれません。まあ、この高収入がいつまで続くかは分かりませんが、今のままでいけば、そう遠くない未来、片手くらいの貯金はできるかも? そうなれば、柔道整復師の免許をとったときからの夢であった、自分のお店を開いてみたいとも思います。

マッサージ師としての「腕磨き」にもなる仕事です

でもそれまでは、このお店で頑張らないといけませんね。そして、メンズバーのバイトって、すっごく勉強になります。さすがに大都会・新宿のお店にご来店される方々だけあって、お客様の皆様、本当にいろいろな業界で、相当興味深い体験をされています。そういう方の話を聞くだけでも、ある程度「お喋りが仕事」でもあるマッサージ師としてのスキルも磨かれるというものです。

もし、同じような境遇のマッサージ師がいたら、この仕事、おすすめしたいです。本当にマッサージのスキルが活かせますし、僕みたいに、そんなにルックスがいいわけでなくても、その腕だけで結構稼げたりしますよ。