ボーイズバーアルバイト体験談 2020 / 09 / 19

飲食店経営お客様のご指名で除菌のお手伝い

コロナ禍の中のボーイズバー体験記

少し変わった話のようですが、最近の僕のボーイズバー体験記です。

飲食店を数店舗経営されているお客様(社長様です)に、このところ続けて指名をいただいています。その理由は…もちろん僕の気に入ってもらっていることもあると思うのですが、もう少し別のことで、そのお客様の経営するお店の清掃・換気・消毒などをお手伝いしているんです。

もちろん、そのお客様とは、このコロナ禍が始まる前からのお付き合いです。長いこと僕を気に入ってくれていて、定期的に指名をくれている方でした。僕としてもとても勉強になる話を聞かせてもらえることから、このお客様との時間はすごく楽しくて充実していました。

まさかの除菌要員として指名!

それが、急に「除菌要員」になるとは(笑)世の中もわからないものですね。けれど実際に経営されている飲食店に入らせてもらって、そういう仕事をお手伝いさせていただけるというのは、信頼されている証なのかな、とも思います。

もちろん、経営されているお店で感染者が出たというわけではありません。しかし、週に一度は必ず大規模な除菌をされている様子です。さすがにこのあたりは、飲食店らしい心がけというか、尊敬すべき、見習うべきところだなと思います。

しかもお客様がお持ちのお店はいくつかあるので、ほとんど毎日のようにどこかで除菌の日があります。その度にご指名いただいているので、僕の方もかなり助かっています。

いつかこの社長のように

僕も今は新宿で高額バイトに励むフリーターみたいな者ですが、将来はお金を貯めて、何か自分の店をやりたいと思っています。そのときには、きっとこの社長のことを思い出すだろうなと思います。このようなお客様思い、スタッフ思いの社長になることができたら…と。

最初は、まあ当たり前といえば当たり前ですが、いい給料を稼ぐためにこの業界に飛び込みました。でも、一年近く続けてきて、今では、ここで働く目的はそれだけではありません。この社長にように、ずっと自分を気に入って指名してくださる方と話をしていると、すごく勉強になることが多いんです。これを自分の将来に役立てない手はありません。

除菌の仕事も楽しい

まあ、以前から考えるとちょっと、まだ慣れない感じはしますよね。この日本の唐突な除菌文化には(笑)もともと日本の飲食店なんてすごいきれいなのに、それに輪をかけてきれいにしようというのですから。でも、それがウイルスとの戦いというものなのだからやるしかありません。

自分みたいな立場だからそう感じるのかもしれませんが、お手伝いでお店をきれいにして除菌して換気して、という仕事、これもなかなか楽しいといえば楽しいです。普段ボーイズバーでやっている仕事とは、まったく違う内容で、体力も使いますし、それなりに疲れるのですが、きれいに仕上がっていく店内を見ると達成感があります。お客様にも「筋がいいな」と言われたりして(笑)