ボーイズバーアルバイト体験談 2020 / 08 / 21

ボーイズバーキャストとAV男優のバイトを掛け持ち中

お客様からのご紹介でAV男優に

ボーイズバーのバイト、始めてよかったです。この仕事自体にそもそも興味を持っていたこともあるんですけど、働きだしてから、「楽しいな」と思うことが多いですね。とにかくいろんなお客様がいるので、話していて勉強になったり、感心したりすることばかりです。

それに、流れ流れで、今はお客様の紹介で、憧れていたAV男優までやっています(笑)なんだか急な話のようですが、それにはこういう経緯があるんです。

「もしかしたら紹介できるかも」と面接時に言われて

僕は結構オープンな性格というか、まあテキトーなところもあるというか、ボーイズバーの面接時に、そのとき担当してくれたマネージャーさんと盛り上がって、「なんか他にやりたいことあるの? 応援するよ」と言われたので、「自分、実はAV男優に興味があるんですよ」なんて、さらっと打ち明けてしまいました。

さすがに一瞬、間がありましたけど、「いや、うちにはそういう職種はもちろんないけど、それが意外と、そういうコネ持ってるお客様はうちにも多いんだよね…紹介できるかもしれないよ」と返されて、テンション上がりましたね。そういうことで、その日のうちに採用決定。それから今まで、半年くらい働いています。

AV男優と掛け持ち どっちも高収入

面接時に言われた通り、AVのコネを持っているお客様には、入店して三か月目くらいで出会えました。新規のお客様で、「あなた、そんなに筋肉隆々なんだから、AVでも頑張ってみたら?」と言われて、「いや実は…」と話すと、その人がプロダクションに紹介してくれたんです。

まさか、AV男優とボーイズバーを掛け持ちすることになるとは思いませんでしたが、事実そうなっています。それに、自分がその仕事を憧れを持っていたせいか、結構AVの仕事の方でも人気が出て、いろいろ使ってもらえているんですよね。今では、掛け持ちでやってるこの二つの仕事は、ほとんど五割ずつという感じです。

むしろ、今はちょっとAVがメインかな。企画物で僕がドハマりするシリーズに出演決定して、連日スタジオ入りしています。撮影がない日はボーイズバーに入って、よく考えたらあんまり休んでない(笑)でも、どっちも自分の好きな仕事なので、充実しています。

同列に並べるのもどうかと思いますが、ボーイズバーも、AVメーカーの方もそうで、この関連をしている業界の人は、みなさん、すごくちゃんとしていて、礼儀正しいです。聞くところによると、昔は嘘みたいに安かったAV男優の方の給料も、最近イメージアップしてかなり良くなっているみたいですし。働いていてストレスを感じることは、皆無です。

まあ、僕みたいにボーイズバーのキャストからAV男優に転身! 掛け持ち! というのはなかなかない例です(笑)誰もがそんなヘンなことをするわけじゃないので、これからこのお店に入店しようと考えている人は、肩の力を抜いて面接にきてください。逆にいえば僕みたいな変わり者でも受け入れるくらいの、懐の深いお店なんですから。