BLOG 2020 / 07 / 25

元アルバイトの新社会人でもボーイズバーに出戻りできる

こんにちは! 一緒に働いていた仲間はみんなどうしてるかな。元このお店のキャストのKです。お客様とスカッシュで毎日汗を流していた僕、といえば誰かわかってもらえるでしょう。このコロナウイルスの騒ぎで気になったので、ブログ投稿を今回お手伝いしています。

元アルバイトとして、まあなんとかなっているだろうな、という楽観的な予想を持っています。お店は何よりお客様に愛されているので、それが一番の基盤。ちょっとやそっとのことでは揺らいだりしないと思います。今はどうやら直行直帰で感染のリスクを最大限低減させているということで、こういう新しい働き方を考えるのはさすがだなと思います。

あの頃はよく稼いだな…とたまに思い出します

先春から、僕も大学を卒業して、一般企業に就職しています。そこまで華がない仕事で、営業職ですが、地味なりに自分の楽しみを作り、こちらのお客様とも楽しくコミュニケーションしながら結構な営業成績を取っていたりもします。

これも、たぶん、ボーイズバーでの経験値が影響していると思います。というのも、当時は、本当にいろいろな業界のお客様から、接客を通して膨大な知識とコミュニケーション術を教え込んでいただきました。今、人から「おまえ、妙に物事に詳しいな」とか「ユーモアがある」と褒められるのは、当時培ったもののおかげです。

あの頃は自分も相当、若いなりに考えて、しかも熱心に仕事に取り組んでいたという自負があります。それが、いいお給料になって表れてもいました。毎月桁が上がっていくような(というと誇張がすぎますが(笑))稼ぎで、その貯金は今も残っています。

今は少し本職が不安 出戻りできるかな

元アルバイトとして、当時のことを懐かしく思い出す気分、それが今とくに頻繁になっているのは、やはりこの社会情勢があると思います。少し本職の方が、コロナの影響を受けてしまっていて、僕の営業先も元気がなさそうで、心配です。

まさかいきなりクビになるということは、さすがにないと思います。ないと思いたい。けれど、今後の流れではまったく考えられないことでもないので、心のどこかで、常にボーイズバーの高額バイトを「保険」のように考えていたりもします。先日お店に遊びにいって相談したのですが、「出戻り大歓迎!」とマネジャーに言っていただいたので、安心しました。
もちろん、そのときには頑張ります。大学在学時は二年間、あの頃は週末メインで3~4回の出勤でしたかね。月平均50万円くらいの稼ぎがありましたが、副業で本当に週一回とかでもいいなら、今すぐにでも出戻りできる、というかしたい、そんな状況です。

あの新宿での日々は、社会人になってからの僕の頭の中にも、大きなものを残していると思います。こうやって「保険」として考えられるのはもちろん(笑)、ボーイズバーでの経験を通して、人と接することとは何か、ということをリアルに呼吸して学び、身体に取りこむことができました。今、それをもう一度、経験し直したい気分もあります。