ボーイズバーアルバイト体験談 2018 / 02 / 10

ホストからメンズバーに転職!精神的にも楽で好待遇がとにかくうれしい

投稿者 エル(22歳)

ホストとは違うメンズバーの仕事

ホストの世界に長くいたので、今でも、メンズバーの好待遇が不思議に思えることがあります。世間から見れば同じような仕事に見えるのかもしれませんが、内側はまったく違います。

どういう風に違うか、とその話をする前に、少しホストクラブの仕事について、自分が経験したところを書いた方がいいかもしれません。

僕がホストで働いていたのは、大体20歳から半年くらいです。それまでも雑用みたいなことはしていて、計10か月くらいでしょうか。一年も持たなかったのか、と言われてしまいそうですが、あの世界では、それはさすがになかなか厳しい。昼の仕事と違って、決定的に合う合わないはありますから。いや、それは普通の勤め人でも同じかもしれませんが。

ホストはとにかく人間関係がきつい

まず何がキツかったかと言えば、スタッフ間での上下関係です。ひどい縦社会で、自分はもともと体育会系でそういう雰囲気に慣れていたとはいえ、あれだけ先輩にコケにされまくったり、ちょっとしたことで二時間も三時間も説教されるというのは、さすがに耐えられませんでした。

それから、お店の給料とか、そういうのもすごくいい加減です。お客様の売掛を取ってこいと、昼から働かされたときもありました。それで逃げられたら、自分がそのお金を背負わないといけないこともある。

お金に関することで不満はなかったのですが・・・

まあ、実際そういうことは本当にまれで、僕の場合はそんなことはありませんでしたが、仲間にはそればっかりが仕事のメインみたいになって「もう無理」と離れてしまう人も続出していました。

それでもお店は体質を一切変えようとしないのだから、いや、そんなもんなのかもしれませんが、自分的には「長くいられる場所ではないな」と思って辞めました。別にお金のことで大きな不満があったわけでもなく、わりと普通に暮らせてはいましたが、そういう理由で、転職を考えるようになりました。

最終的にメンズバーにたどり着きました

そして二か月くらい少しゆっくりさせてもらって、また別の仕事を探しました。実際それでいくつかやってみたりもしたんですが、結局、ほとんど出戻りですね(笑)メンズバーに今では落ち着いています。なんだかんだ言っても、自分には水商売というものが合っているのかもしれません。

元ホストからの、ほとんど「復帰」という形になるのですが、やっぱり仕事の内容としては結構違うので、同じ商売という感覚はむしろあまりなくて、好きな新宿で楽しく勤務させてもらっています。

メンズバーはホストと比べて心理的不安がありません

比べてみて違うのは、メンズバーは、圧倒的に心理的な負担が少ないんです。仕事内容的にもシンプルだし、まさか売掛がどうこうと言われることなんて、まずありませんし、むしろ、お店のスタッフさんたちは僕に気を遣って、「出戻りは無理するな」と冗談交じりに言ってくれたりします。なので安心して働けています。

老舗店だからお客様は途切れないので、営業する必要もないんです。お給料もホストでガンガンやっていた頃よりほんと楽に稼げます。当分は、こちらのお店でお世話になろうと思っています。