ボーイズバーアルバイト体験談 2021 / 06 / 19

借金返済のためボーイズバーの仕事を始めた服飾専門学校生

お金は次々と服飾関連に消えるので

西新宿にある、服飾系のマンモス専門学校生です。なかなか競争も激しいし、いい意味で刺激的な学校で、すごく楽しいのですが、困るのがお金です。何よりも大好きな洋服と専門学校で必要なミシンなどの購入費に次々とバイト代が飛んでいくので、生活は貧しいです。

それで常々高額バイトにはアンテナを張っていたのですが、どうもなかなか自分ではいいものを見つけきれないというか、結局は先輩の紹介でした。先輩の言葉では「レンタル彼氏」なるこのボーイズバーの仕事を始めたのも、そういうきっかけで、求人応募したわけではないというか、面接くらいは受けていますが、紹介という点が大きかったと思います。

僕は服のこと以外はわりとボーッとしている人間で、だからお金に関してもルーズなところがあり、実はちょこっと借金もあったんです。バイト代だけで買えない自分の欲しいものは、別に負い目もなく、「将来への投資だ」みたいに借金していたので、知らないあいだにそれも溜まっていました。だから借金返済が入店して当面の目標となりました。

なんか日常の延長みたいな仕事ですよ

適当な僕ですがそれなりにピリピリすることもあって、やっぱりこの手の高額バイトって多少のことは、と直前になって緊張もしたのですが、蓋を開けてみるとそんなこともありませんでした。簡単にいうと、「日常の延長」みたいなことが、このバイトです。すべてがそうとも限らないとも思いますが、僕の仕事内容はそんな感じかなと思います。

たとえば「リモートで仕事をしている合間の話し相手なって、肩もんで、飲み物とって」とか「激辛料理が好きだけど独りで食べに行くの寂しいなから付き合って」など、本当にその程度のことなんです。激辛料理の方はビビって甘口にしてお客様に「えーっ」と言われてしまいましたが(笑)、それでも十分辛くて、びっくりしたり…。

ただちょっとした非日常体験ではありますよね。日常の延長といいながら、延長の先には自分の見たことのないものがあるわけで、それはちょこっとした好奇心をくすぐってくれるものがあります。だからこのバイトを始めて、なんだか生活が少しだけ変化して、それはほどよい感じの良さを僕の心の中に生んでくれています。

そろそろ借金も返済できそうです

専門学校生として学業に集中するかたわら、新宿でこうしてバイトして良い報酬をいただくことができ、生活費もまあ多少セーブしながらですが、普通に暮らしながら借金返済の目処もたってきました。そろそろ、あと三ヶ月後くらいには大丈夫かなという見込みです。

ただお金の問題が解決したらやめちゃおうかという考えはありません。やっぱり楽しいしもう借金するのはイヤなのでちゃんと稼いで、自分の欲しいものは自分のお金で買おうと思います。服飾系なんてイヤでも金がかかるので、バイトも手を抜けません。ただその仕事内容でラクさせてもらえる、この日常的な感じのバイトには、かなり助けられています。

紹介してくれた先輩に感謝です。おかげで自分もなんとかやっていけそうです。