ボーイズバーアルバイト体験談 2021 / 01 / 15

働いて感じるホストとの違い!ボーイズバーは自由でラフ

混同されがちですね、ホストと

ボーイズバー、ホスト。似たようなお仕事じゃないの? そんな見方があるように思いますが、実際には違います。実を言うと僕もここの求人募集を見て、新宿のお店に面接に行くまでは同じように思っていたのですが、実際働き始めてみると、まったく何もかも違います。

まずは格好です。ファッション。ホストは基本、スーツです。それもキラキラしたような格好いいスーツ。でも、ボーイズバーではそんな上等なスーツなんて要りません。ごくフツーの普段着で出勤します。靴だってスニーカー(笑)

ウソみたいな話ですが、僕は体育会系の大学に所属しているんですけど、それがキャラとしてウケるということもあって、練習着やジャージで出勤することもあります。ホストとの違い、ここがまず大きいですよね。とにかくラフです。そのへんでまず気楽なものです。

お客様もフランクな方が多いです

ホストの世界と比べて、なんだか悪口ばかり言うようですが、やっぱりホストの世界ってちょっとお客様も高飛車というか、高圧的なイメージがありませんか? まあこれも僕の勝手な想像かもしれませんが…でも、身内でも上下関係とかあってしんどそう、みたいな。

その点、ホストとの違いで、このボーイズバーではまったくそんなこともありません。さっきも言いましたが普段着みたいな感じで出勤しても、むしろ軽く、「おつかれ~」みたいな感じでフランクに接してくれるような気がします。それはお客様もそうですし、お店もそうです。ただ、もちろんあんまりみすぼらしい格好をしていると、「気をつけろよ(笑)」くらいはありますが。

そんな風に自分がナチュラルな感じで接するので、お客様との距離も一回の指名ごとに着実に縮まっていくし、やはり最初の無用な緊張感みたいなのがあるよりは、すぐに打ち解けてしまって気楽に接客する方が双方にとって良いことですよね。お客様と仲良くなるといろいろな場所に連れて行ってもらえたりもするし、この仕事がどんどん楽しくなります。

もちろんそんなちょっと軽いノリで接客していて、お店に怒られたりすることだってありませんよ。だから、入店するにあたって、かっちりした服装とか、準備金は無用です。

この不景気ですからこういう働き方も

今は自分の望む仕事に就くのなんて、相当優秀な人でない限り、難しい状況ですよね。この不景気だから、仕事は選んでいられません。ほぼ経済が停止している状態なんだから、動いているところを見つけて、そこに飛び込んでいくしかないと思います。

その点、こういうお店での働き方がある、稼げるのは助かりますよね。人付き合いが徹底的に苦手でなければ、まあ誰でもそれなりにやっていける、安心の高額バイトです。見た目でふるいにかけられることもないし、求人募集が出ていたら、絶対そのチャンスを掴むべきです。

ひとまずの安心、まずここにはそれがあると思います。そして、若いうちだけしかできないかもしれませんが、逆にいえば、若いうちには大きなチャンスがある、夢のある仕事です。