ボーイズバーアルバイト体験談 2020 / 12 / 31

体調管理重視のためメンズバーに転職した元ホストのボディビル選手

元ホスト 酒で体型維持できないので転職

前まではホストクラブで働いていました。元ホストで、今は比較的近い仕事ともいえるメンズバーのキャストをしています。

僕は体を鍛えることが好きで、ボディビル選手、正確にはフィジーク選手を目指しています。フィジークというと、やたらと筋肉量をつけるボディビルとは違って、バランスよくつけた筋肉のきれいさを競うものです。そのため、体型維持は常日頃ずーっと意識します。

食べ物、飲み物の制限、当たり前です。けれど、ホストではどうしても酒が避けられないのが困ったところでした。微妙に腹の肉がつく、というか厳密に言うと皮が弛んで、シワが一本入ってしまいます。そして一度ついたシワはなかなかとれないので、思い切ってフィジーク優先して退職しました。

新宿のメンズバーは酒を飲む必要なし

ホスト時代にはわりとお店に貢献していたこともあって、僕が辞めたい理由を説明すると社長が親身に相談に乗ってくださり、「それなら酒を飲まなくて済むメンズバーをやってみたらどうだ」と新宿のお店を紹介してくださりました。

お店としても「ボディビル選手? いいですね」と面白がっていただき、晴れて入店。仕事をする上で、「お酒だけは」という条件も理解していただけました。バーといっても必ず下お酒を飲むお客様ばかりではないので、ソフトドリンクを飲みながら普通にお喋りしたいお客様や、僕の筋肉を鑑賞したいお客様に、指名をいただいています。

おかげで、気になっていた腹の皮の弛みシワもとれました。こういうのは、本当にすぐ対処しないと痕みたいになって残るんです。フィジーク選手を目指して体調管理する上ではちょっとした弛みの対処はマストなので、すぐに解決できてよかったです。

ホスト時代と比べて自由です

今のお店を紹介していただいた社長に失礼かもしれませんが、ホストクラブはやはりキツかったです。営業とか、無理やりテンション上げたりとか…実際それで自律神経壊したりする人もいたので。

その点、メンズバーの仕事は二段階くらい気楽で、体力的にもラクです。出勤は自由だし自分のペースで入れるのはうれしい。僕にはジムで体を毎日鍛えるという日課もあり、それを最優先したいので、こちらの都合を優先してアルバイトはその次に回せるのがいいです。

元ホストの転職組は、ちょこちょこいるみたいです。そしてみんなが口を揃えて言うのが「こっちの方がいい」ということ。もし高額バイトを探して求人募集を見ている元ホストがいたら、一度面接にきて話だけでも聞いてみてほしいです。

マッチョ好きのご指名ありがとうございます

マッチョが好き、とにかく筋肉が見たい、とご指名をいただくことが多いので、そういう方を店内で接客するときには、最近は常に上半身裸です(笑)ちょっと恥ずかしいけど。

でも、ノリノリでプロテインを差し入れしてくださる方もいらしたりして、ありがとうございます。店外指名のときには焼肉をご馳走していただいたりして、お客様の気遣いもうれしいです。ただ食べすぎ注意ではあるので、そのへんは調整させてください(笑)

ホストクラブから稼げる良いバイトに転職できてよかったです。今後もお店、お客様、至らぬ点もあるかと思いますが、筋肉しか取り柄のない僕をよろしくお願いします。