ボーイズバーアルバイト体験談 2020 / 10 / 31

現役キャストが、レンタル彼氏と出張ホスト、ボーイズバーの違いを紹介します

レンタル彼氏ってどんな仕事?

現役でレンタル彼氏をやっている者です。この仕事に関して、少し、「ん?」と掴みきれないイメージを持っている人が多いようなので、僕自身の体験から、確かにちょっと変わった職業ではあるその仕事内容について、語りたいと思います。

まず「レンタル彼氏」という言葉から想像される通りのものが第一です。お客様にレンタルされて、彼氏になりきる、それがこの仕事の中心です。ただ、それにも派生型や、別名があります。

たとえば、「デリバリー彼氏」です。これは、ほとんどレンタル彼氏と同義ですね。お客様のもとまでデリバリーされて、どこかお店や自宅などで、一緒に時間を過ごす、出張タイプのもの。レンタル彼氏といえば、このパターンが多いです。

出張ホストともほとんど同じです

それから、よく類似した職業としていわれる「出張ホスト」、これもレンタル彼氏のデリバリーバージョンと変わりません。お仕事の内容も、ほとんど、同じです。ただ出張ホストの場合は、お客様と待ち合わせ場所などを決めて、そのままどこかにショッピングに行ったり食事に行ったり、というデートのパターンが多いようです。

また、まれに単独でなく、複数名のキャストをまとめて指名を受けることもあります。そういうときは、大体パーティーとか、業界の食事会の盛り上げ役です。その他、変わったところでは、お客様のお部屋の片付けを依頼されたり、ちょっとした「お手伝い」的なことに出張ホストをご利用される方もいらっしゃいますね。

デリバリー彼氏、出張ホストの場合は、店外指名が基本で、外でお客様のお相手をする。そういう内容です。レンタル彼氏と共通して言えるのは、お客様とのコミュニケーションが大事ということでしょうか。ただそれは世間一般でいわれる明るさとかそういうことではないと思います。お客様に充実した時間を提供できる優しさとか癒しの雰囲気が、求められる条件かな、と僕自身は考えています。

ボーイズバーは店内でのお仕事が主です

最後にボーイズバーですが、この仕事は、店内勤務がメインです。来店されるお客様と一緒に店内で語りと合ったり、ゆっくりとした時間を過ごす。そのようなわりあい受身のスタイルの仕事、どちらかといえば「待ち」の営業かな、そんな感じです。

ただ、このあたりはお店の運営との打ち合わせにもよりますが、ボーイズバーにも店外指名が入ることは結構あります。つまり、いつも店内でお喋りしているけれど、たまには気分を変えて外で遊びたい。そのようなリクエストで、これに応えるかどうかは、お店とキャストがあらかじめ相談して決めておきます。つまり店外指名が入り、それに対応すると出張ホスト、レンタル彼氏、デリバリー彼氏になるというわけです。

僕の場合は、実はボーイズバーから入って、今はレンタル彼氏寄りという経緯があり、ほとんどすべてのパターンを経験してきました。何にせよ稼げる高額バイトだし、新宿を中心に出張していけば東京の隅々まで知りつくすことができて楽しいし、働きが確実に高収入に反映されて戻ってくるので、どんな仕事も選ばずにご対応させていただいています。求人募集について何か疑問があれば、一旦お店に面接に行って、そのときにいろいろ聞いてみてもいいと思いますよ。