ボーイズバーアルバイト体験談 2019 / 01 / 21

日払いの高額バイトのおかげで、無事期限までに借金返済を終え、今は余裕で暮らしています。

家賃滞納が続き、立ち退き宣告。

僕は埼玉でひとり暮らしをしている大学生、エイタといいます。21歳です。実家は九州なんですけど、全然裕福じゃなくて。自分のわがままで大学に進学したもんですから、仕送りがすごい少ないんです。最初はバイトをしまくってなんとか生活してたんですけど、一回体調を崩してバイトを1週間ぐらい休んじゃって。そこからますます貧乏生活になってしまって、家賃滞納が当たり前になってしまい、大変なことになってしまいました。

そして、いよいよ大家さんに「家賃を滞納するなら出て行ってくれ」と言われてしまって・・・。

いやー、流石に焦りましたね。出て行っても行くところないですからね。まさか実家に頭下げるわけにもいかないし・・・。でもね、僕みたいな極端な貧乏学生って、結構多いと思うんですよね。みんなこういうとき、どうしてるんだろう。

ボーイズバーで一念発起!

しばらくは悩み続けたんですけど、悩んでも仕方ないなと思って、日払いのバイトでもしよう!と一念発起しました。今からだと、日払いのバイトしか、大家さんの指定した返済日に間に合わないですからね。

ということで、日払いのバイトの求人を探しまくって、みつけたのがボーイズバーの高額バイトでした。場所は東京なんですけど、うちからでも1時間で行けますし、そんなに苦にならない距離。これなら!と思って、募集に応募しました。面接では、すなおに「借金返済のために働かせてください!」と熱く訴えました。それが良かったのか、即採用!嬉しかったですね、これは。

早速!働かせてもらうことになりました。

借金返済日までは大学を休む覚悟で、最初は毎日通いました。その分すぐに仕事にも慣れましたし、常連さんとも仲良くなれて逆に良かったと思いますね。
お給料は日払いで手取りだったので、そのまま持ち帰ってタンス貯金しました。

そんな感じで、2週間ちょいで目標金額を達成!流石は高額バイトだけあります。返済日の2日前に滞納していた家賃全て返済出来、大家さんには逆に心配されてしまいました(笑)

今では週4回のボーイズバー!

でも、それからは週に4回と決めてボーイズバーでバイトさせてもらっています。それでもいままでのバイトより収入が増えて、生活が安定しましたよ。自由になる時間も増えたので、その分ちゃんと学生生活を堪能しています。

生活のリズムがちゃんと出来上がったので、安心して大学生活を過ごすことが出来ています。埼玉に来てから今が一番充実してるなって思ってます。今まではずっと貧乏で心まで貧しくなっていましたが、今はきちんとお金にも余裕がありますし、気のせいか夜も今までよりぐっすり眠れるようになったような気がします(笑)

とりあえず卒業まではこのボーイズバーでお世話になりたいと思っています。
貧乏学生のみんな!ボーイズバーで一緒に働きましょう!生活がガラっと変わりますよ~。