ボーイズバーアルバイト体験談 2018 / 09 / 28

学生時代はいじめられる程の内気で消極的な僕が選んだ高額バイトのメンズバーで、性格改善!?

いじめられる程の内気な男でした。

東京の大学に通うジュンです。20歳で実家住まいです。
僕の悩みはやたら消極的で会話が苦手なことです。

小さいころから本当に内気で、それでいじめられたりもしましたし、だからといっていじめられたことを親に話すというようなこともしなかったですし、こっそりブログに自分の気持ちを書いてアップして、モヤモヤを打ち消したりしてました。

中学の時は「高校になったらやり直せるかな」と思って過ごしましたし、高校の時は「大学生になったらやり直せるかな」と思っていましたが、結果は同じ。
通う学校が変わるぐらいで、自分の性格が変わるわけでもなんでもないんですよね。悲しいことに。

 

母親も似た様な性格だったみたいで。

さすがに今の大学でいじめにあうなんてことはないですけど、サークルとか全然行ってないですし、本当につまらない学生生活を送っています。
「社会人になったらやり直せるかな」なんて希望すら抱かなくなりましたね。

そんな時に、母親とちょっと話をしたんです。深い話を。
今でこそ明るくて能天気な母親なんですけど、実は若い頃は僕みたいな性格だったと聞かされたんです。
会話が苦手で、いつもひとりで行動してた、と。
正直、とても驚きました。
だって僕の知ってる母は、父に嫌味を言われても僕に冷たく当たられてもまったく動じず、むしろそれを笑いにして返してくるような人だから。
時にはその明るさが鬱陶しかったりもしましたが、だいたいは救われましたし、父だってきっとそんな母を好きになって結婚したんだと思うんですよね。

 

母の助言がきっかけで何か始めてみようと!

でも、母は20歳くらいの時に自分を変えたいと思って色々試したらしいんです。
それまで興味すらなかったテニスを始めてみたり、映画館へ足を運んだり、たくさん本を読んだり。
兎に角いろんなことをやってみたそうです。
そうすると、いつのまにか周りにはたくさんの友人が出来て、自分自身も明るくなったみたいなんです。
色んなことにチャレンジしたのは自分だけど、性格が明るく変わったのは友人のおかげ、と話してくれました。

自分の消極的なところが気に入っていれば話は別ですが、僕にとって会話が苦手なことは短所でしかないと思っていたので、僕も自分でなにか始めてみようかなと思いました。

 

新しい環境と人間関係で好転!

まずは、自分では考えられないような高額アルバイトでもしてみようかなと思って、なんとメンズバーの面接を受けたんです。
場所が新宿っていうのも、根暗な僕らしくなくていいなと思って。
でも、店がいくらスタッフ募集してるからといって、僕を採用してくれるかどうか分からないなってダメ元だったんですけど、結果はなんと採用!

驚きました。

実際働いてみると、周りが社交的な先輩ばかりで驚きました!
メンズバーって凄いですね(笑)
バイト初日から先輩方の明るさに知らず知らずのうちにつられてしまうことも多く、自分でも驚きました。
案外、気にしていた僕の短所なんて簡単に変われるのかも・・・なんて思ってしまいます。
ある意味安心しました。
しかもこれが高額アルバイトでお給料もたくさん貰えるなんて・・・。
これからの生活がちょっと楽しみになってきました。