ボーイズバーアルバイト体験談 2018 / 09 / 27

まだまだ収入が少ない若手芸人の僕らだけど、高額バイトで余裕のある生活を送っています!

芸人を目指すも八方ふさがりな東京生活

芸人になりたくて上京したのが19歳の時だから、5年前。

最初はライブ活動をしながら空き時間にコンビニとかのバイトをしていました。

芸人の仕事自体活動がまだまだ収入が少ないし、最初はコンビニのバイトをいっぱいいっぱい入れて生活をやりくりしていました。

それでも時給がそんなにないので月給がたかが知れていて、生活はずっと苦しいまんま。

相方と一緒に住んでますけど、そもそも東京って家賃がめちゃくちゃ高いし、かといって埼玉とか千葉とかに住むと電車の時間の都合で仕事を断ったりすることもあったりして、ほんとどうしたらいいのか分からない状態。

恥ずかしい話ですけど、生活費が足りない時には親に借金したりすることだってあるんですよ。情けない。

八方ふさがりっていうんですかね、こういうの。

どっちつかず?

分かんないですけど、そんな感じがずっと続いてて。

 

別のバイトをする相方も似た状況でした。

相方と、なんかもっと高額バイト無いかなーって話してたんです。

でも、高額バイトで探すと水商売メインで、僕らには向いてなさそうだし、やろうとまでは思えませんでした。

そのうち、ライブ活動も少しずつだけど増えてきて、バイトを急にキャンセルしたりして、他のバイトの子たちに迷惑がかかるようになってしまって。

最初はみんなニコニコして「頑張って!」ってシフトを変わってくれるけど、そんなの最初だけですもんね。

それで段々と気まずくなってきて、いよいよもう辞めないといけないかなっていう状況になって。

結構悩みましたよね。

相方は別のバイトしてたんですけど、聞くとやっぱり似たような状況なんですよね。

 

先輩芸人に相談したら・・・。

さぁどうしよう。

ほかになにか俺らにも出来そうな高額バイトってないかな?と。

困ってしまって、先輩芸人に相談したんです。

そしたら、お前らみたいな若手芸人に滅茶苦茶おすすめのバイトがあるよって。

それが、ボーイズバーのバイトだったんです。

場所は新宿で便利だし、給料は即金で安心だし、シフトの融通も利くし、しかもノルマも無いみたいだし、聞けば聞くほど僕らみたいな若手芸人にはぴったりだなと思いまして。

さっそく空き時間に面接を受けることにしたんです。それまでは別々のバイトをしてた相方も一緒に。

そしたら、二人とも採用してくれて「やったー!」って感じでしたね。

本当に感謝しています。

 

ボーイズバーのお陰で、ネタ合わせも精力的に!

で、今に至ります。

このバイトを始めて半年です。

仕事の内容にも大分慣れてきて、常連さんとも結構仲良くさせてもらって楽しくやってます。

相変わらず本業だけでは食っていけない状態ですけど、お陰様で高額バイト・ボーイズバーのおかげで生活は多少余裕が出てきてますね。

ネタ合わせなんかする時間も依然よりは増えましたし、ライブでのお客さんの反応もそれに比例して良くなってきてると思います。

いやー、このバイトを教えてくれた先輩にほんと感謝です!

ありがとうございます!!