ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 12 / 31

地方出身のジリ貧高卒サラリーマンが生活のために副業中!金銭面で不安ある人はぜひ!

投稿者 リョウタ(22歳)

高校を卒業して、そのまま、対して考えもせずに、会社員になりました。

職種は、誰にでもできる、営業職です。これもいろいろですが、僕の会社はわりと、ノルマとかそういうのに厳しい方です。成績が悪いと歩合も何もないし、正直、向いていないなと思いながら、上司にもガミガミ言われながら、何とかしがみついて続けている日々です。

でも、さすがにそろそろ、三年続けてきて、少し生活が苦しくなってきました。東京は本当にまったく贅沢もしなくても、高卒サラリーマンみたいな身分では、なかなか「普通の暮らし」は望めない場所です。これまでは騙しだましやってましたが、いよいよ、ちょっと食べるものとかのレベルも落とさなければならなくなり、生活のために副業を考えるようになりました。

けれど、一応、本業がある以上、そちらに支障をきたさないような仕事でないといけないので、不定期でわりと自由にやらせてもらえる仕事はないものかと、ずいぶん都合のいい考え方でいろいろ探していたのですが、東京にはあるんですね、そんなバイトも。僕が見つけたのは、こちらのメンズバーの求人でした。さすが都会です。こんな働き方もあるなんて驚きです。

仕事としては、お客様と一緒にただトークしたり、ちょっとしたことを手伝ったり、お酒を飲んだり…いろいろですが、重いものを持つとか、誰かにずっと監視されてて叱られまくるとか、そういったことはありえないので、本当に精神的にすごくラクです。

高卒サラリーマンの自分も、学歴とかそんなの関係なく対等に扱ってもらえるし、生活のために副業していて、都合のいいようにお店を使わせてもらっているような状態でも、とても優しい親切なお客様につけてくれるしで、お金のことでも精神的な面でも、すごく助かっています。

本業の方は、正直、相変わらず今イチです。相乗効果でそっちも好調、みたいなことが言えたらいいのですが、そう言うと嘘になります(笑)ただ、特に僕としてはそんな贅沢なことまでは望みません。会社の方は会社の方で、自分で何とかすればいいだけの話です。

もうちょっとお金が貯まったら、いいタイミングで会社は辞めて、定時で上がれる新しい勤務先を探そうかな、とも考えています。とにかく、このメンズバーという副業さえ確保しておけば、そういう選択もわりと自由にできると思うので、今は、未来のことを考えても、悲観的になることなんてありません。むしろ、心に余裕があります。

一緒に働く仲間も、僕と同じように昼間会社員をやっている人は、結構います。その他にも、たとえば、奨学金の支払いのためにやっている人とか、いろいろです。年齢はみんな近いので、上下関係というものも別にありません。大体、それぞれ独立してお客様をお相手するわけですし、そういう点で助言とかはし合っても、いがみ合いはしない、いい距離感です。

東京に出てきて、金銭面での不安を抱えている人には、考えてみてほしい仕事です。