ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 11 / 20

元ホストが酒を飲まなくても安心して稼げるボーイズバーに転職

投稿者 タクマ(22歳)

体を壊してホストを辞めました

僕は関西出身の元ホストです。19歳で上京して、ホストクラブの寮で生活をしていました。毎日記憶が無いほどに酔っぱらって、寮に帰っても寝るだけの生活でしたので、狭くても良かったのですが、結構周りの仲間たちは稼ぎ始めると、寮を出て独り暮らしを始めます。

僕の場合はお店に入店する際に何も持っていなかったので、給料を前借りして生活していたので、金銭的に余裕がなく寮は出れませんでした。

ホストを始める前は、すごく華やかでカッコイイ仕事だと思っていたのですが、毎日、毎日休みも無くお酒を飲まされ、とうとう入院をするはめになりました。病院のベッドの上で、天井を見上げながら、「こんなはずでは無かったのに」って後悔ばかりの日々でした。

退院後、 お酒恐怖症になってしまい、復帰をしてからは給料が安くなりますがホール担当にしてもらい、入店の際に借りていた借金返済もようやく返済出来たので、大阪の実家に帰って何か他の仕事をしようと決心して、荷物をまとめ始めました。

お酒を飲まなくても良い夜の仕事

そうしていた所、お酒を飲まなくても良い、ボーイズバーの仕事がある事をネットでみつけ、帰る前にもう少しだけ東京生活を送るのもいいかなと思い、ボーイズバーの面接に行き、お店のスタッフさんに丁寧に仕事の説明をしてもらいました。

もちろん、お店には実家に帰るって事になっていましたので、少し心配でしたが、顔バレせずに仕事が出来るし、無料の寮もあるとの事で、採用後は直ぐに引っ越し住み込みで働かせてもらう事になりました。

はじめのうちは、お酒恐怖症な自分でも務まるか心配でしたが、お酒が苦手で、お酒をを飲まないで働いている人たちもいたので安心しました。それに、元々話好きという性格でしたので、お酒を飲まなくても、そのあたりはカバーできたように思います。

同じ水商売でも、こんなにも待遇が違う事にまずはビックリです。私服でOKですし、ホスト時代のころのように、営業やノルマはもちろん、遅刻等の罰金も無いので、精神的にも凄く楽に働けます。

お酒恐怖症も克服して生活も充実

入店して4カ月が経ち、今では少しはお酒も飲める様にもなりました。お酒恐怖症って、結局は精神的な部分が大きくって、アルコールアレルギーでは無いので、無理な一気飲みさえしなければ、全然平気なんだってわかり安心しました。

あと、ホスト時代は外にでてキャッチをしたりするのが凄い嫌だったんですけど、この店ではそれも必要無く、店内で待機をしていればお客様が続々と来店して下さいますので、 その辺も凄く楽なんですよね! 長年運営されているという実績はやっぱりすごいです。

現在の楽な仕事環境にすでに慣れてしまったので、 あのままホストを続けていたらって思うとゾっとします・・・。今では休みの日には、好きな映画を観に行ったり買い物したり、同じキャスト仲間やお客様と遊びにいったり、毎日充実した生活を送っていますので、実家に帰るのは、貯金をためてからからにしようと考えています!

もしホストを目指して求人を探しているなら、ホストよりもボーイズバーで働くことをおすすめします!