ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 11 / 20

お酒を飲まなくても良いボーイズバーの仕事!ホストと違い待遇の良さに驚きました

投稿者 タクマ(22歳)

僕は関西出身の元ホストです。

19歳で上京して住まいが無いので、寮の二段ベッドで8人生活をしていました。

どうせ、毎日記憶が無いほどに酔っぱらって、寮に帰っても寝るだけの生活でしたので良かったのですが、結構周りの仲間たちは稼ぎ始めると、寮を出て独り暮らしを始めます。

僕の場合はお店に入店する際に、スーツも何も持っていなかったので、前借生活で給与から天引きされていたので、寮は出れませんでした。

ホストを始める前は、すごく華やかで、カッコイイ仕事だと思っていたのですが、毎日、毎日、こんなにも休みも無くお酒を飲まされ、とうとう入院をするはめになりました。

病院のベッドの上で、天井を見上げながら、「こんなはずでは無かったのに」って後悔ばかりの日々でした。

退院後、復帰をしてからは給料が安くなりますが、お酒恐怖症で、ホール担当にしてもらい、入店の際に借りていた借金返済もようやく返済出来たので、大阪の実家に帰って何か他の仕事をしようと決心して、荷物をまとめ始めました。

そうしていた所、お酒を飲まなくても良いボーイズバーの仕事がある事をネットでみつけ、帰る前にもう少しだけ東京生活を送るのもいいかなって面接に行き、丁寧に説明をしてもらいました。

もちろん、お店には実家に帰るって事になっていましたので、少し心配でしたが、顔バレなく出来るし、寮もあるとの事で直ぐに引っ越し、住み込みで働かせてもらう事に。

はじめのうちは、お酒恐怖症でも務まるか心配でしたが、他の仲間にもノンアルコールで働いていたので、安心して入店出来ました。

それに、関西出身なので、元々根っから明るい性格でしたので、お酒を飲まなくても場を盛り上げる事においてはもともと得意ですからね!

同じ水商売でも、こんなにも待遇が違う事にまずはビックリです。私服でOKですし、以前の様に、営業やノルマ、遅刻等の罰金も無いので精神的にも凄く楽に働けます。

入店して、4カ月が経ち、今では少しはお酒も飲める様にもなりました。

お酒恐怖症って、結局のは、精神的な部分が大きくって、アルコールアレルギーでは無いので、ノルマや無理な一気飲みさえしなければ、全然平気なんだってわかり、今ではガンガン飲んでいます。

これからの季節寒くなるので、外でのキャッチは身体に堪えなかったのですが、それも無く、店内で待機をしていれば、お客様が続々と来店して下さいます。その辺も凄く楽なんですよね!

あのまま、あの店でホストを続けていたらって今思ったら、この楽な環境に慣れてしまったのでゾっとしますね!

今では休みの日には、好きな映画を観に行ったりと、充実した生活を送っていますので、実家に帰るのはまだまだ貯金をためてからからにします!