ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 10 / 16

借金返済のために会社に内緒で副業を開始

   

投稿者 ユウト(21歳)

恥ずかしいのですが、お金にだらしないところがある僕です。

これはもう、ひとえに自分のせいなのですが、とにかく欲しいものがあると、我慢できないんですね。平気でキャッシングとかも使ってしまって、気付けば生活できないレベルに。

そんなことが度重なって、さすがにブラックリスト入りしてしまい、このままではちょっとヤバいんじゃないか、というところまできて、副業というものを考えるようになりました。サラリーマンは続けて、夜、職場から近い新宿かどこかででも、やれる仕事がないものかと。

そうなると自然に選択肢というものは限られてきて、やっぱりメンキャバだろう、という結論になりました。副業としては、まあ定番といったところかもしれませんね。内緒で稼げるというところも魅力的で、お店は老舗でプライバシー対策もしっかりしていて、顔バレしないようにしてくれると言うので、もうここで一丁頑張ってみようと決意しました。

それからというもの、初めての経験につまずいたりもしながら、とにかくしゃにむに働く時期が続きました。いくら副業とは言っても仕事は仕事ですし、高収入を貰うからにはハンパなことはできません。個人的にこういう形での接客業の経験もなかったので、毎日が勉強・失敗の繰り返しでした。が、必死にやったおかげで二か月目にはしっかり稼げるように。

そして、気が付けば借金返済も終わっていました(笑)このスピード感には本当に驚きました。普通のサラリーマンだけやっていたら、まあ数年かかっても返済のめどは立たないくらいのレベルに達していたので、こんなにあっさりと完済できていいものなのかと――。

で、それならもうこちらの仕事はやめて、また普通のサラリーマン生活に戻るか、とも思いました。

でも結果的に僕はまだ、お店でお世話になっています。副業継続中。なぜかというと、まあ第一の理由は、やっぱりラクだから。体力的にも精神的にも、慣れてしまえばそんなに負担というものはありません。稼げる仕事なので、お金だってもちろんモチベーションになります。そして、「夜は別の顔を持っている自分」というのも、何か面白いところ(笑)

それから、稼げるうちに、十分に貯金しておきたいという思いもあります。

お金にだらしない僕ですから、また、ことによるとすぐに借金生活に逆戻りということにもなりかねません。あの日々を思い出すと、もう、考えるだけで辛い(笑)だから、そんなことはないように、もう、とにかく今のうちに稼ぎまくっておきたい、ってわけです。

とはいえ、人間、ある程度稼げるようになると、経済観念というのも変わりますね。メンキャバで稼ぐようになってから、僕も以前ほどにはバカみたいに金を使うこともなくなりました。なんか「余裕」みたいなのが生まれるんです。「また今度買えばいいだろう」と。

そうなると結果的に無駄遣いをすることもなくなって、その分、家賃とかに金を掛けられるようになり、今ではちょっといいマンションにも済ませてもらっています。もちろ会社にもバレていないし、本当にいい副業です。