ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 10 / 24

失業後サラリーマンからメンズバーへ転職…次へのステップの為に貯蓄

投稿者 ツトム(24歳)

大学卒業後、商社に入社。ところが、半年も経たないのに会社が倒産で見事に失業。
こんなにも不幸な俺が、1年間で復活したお話をします。

高校・大学とラグビー部で主将までしていたお陰で、大学3年から、スポーツ推薦である商社に入社内定を頂き、学生時代から研修に何度も受けに会社に伺い、卒業後直ぐに入社が決まっておりました。早く内定をもらえて、同期の仲間達にはすごく羨ましがられていたのですが、それが入社半年で、なんと自分の配属された子会社が、本社の不利益の影響で倒産。古い社員以外は名目上では自主退社を求められ失業となりました。
特に、自分はスポーツ推薦での入社の身なので、直ぐにはじかれる枠となりました。

将来の夢も希望もわずか半年で崩れ、わずかな保障で会社を追い出される形となってしまいました。世の中でこんなにも不幸な人間っているのかと、自問自答しても答えは見つからず、路頭に迷ってしまいました。

次のステップを考える気にもならず、引きこもり状態になっていたら、古いラグビー部の友人達が心配をしてくれて、色々と会社も紹介してくれましたが、行動に移す気も起きず、ぶらぶらしている毎日でした。

そこでフェイスブックで繋がっていた子が、新宿で楽に稼げるメンズバーがあるという情報から、このお店の情報を知り、働くきっかけになったんです。

スポーツ三昧の学生時代を送っていましたので、バイトの経験も無く、ましてや接客業や夜の仕事なんか未経験者。卒業後、直ぐにサラリーマン生活でしたので、はじめは不安や恐怖心もありましたが、働いて直ぐにその不安も吹き飛びました。

スタッフの方々もお客様も、皆さん優しい方ばかりですし、ラグビー部で鍛えられた体力と精神力だけは誰にも負けない自信はありますし、先輩後輩の序列も厳しく育てられていましたので、それもお客様には好評らしく気遣いは良く褒められますね!
それに、何よりもラグビーで鍛えられた筋肉質の体型が皆さんに羨ましがられる事が多く、不思議とそれが売りになってしまい、ツトムという名前があるにもかかわらず、マッチョくんってあだ名で皆さんに呼ばれています。それもひとつの個性で、皆さんに覚えてもらえるだけでもうれしい限りです。

古くて汚く規則が厳しい学生寮での生活から、やっとサラリーマンになって、お金を貯めて独り暮らしが出来て抜け出せると思っていましたが、思わぬハプニングからの会社倒産で、失業で路頭に迷って逆にこのバイトのお陰で、今では都心にワンルームを借りる事も出来ましたし、楽しい人生を送る事が出来ております。

これが俺の1年間と言っても引きこもりの期間もありましたので、正味4カ月で成功した話です。今のところは居心地も良いので、しばらくはこのお店で頑張り、次へのステップの為に貯蓄しています。