ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 10 / 09

学費&勉強のために料亭とボーイズバーで掛け持ちアルバイト

投稿者 ライト(22歳)

僕には、20代のうちに、絶対にチャレンジしてみたい事がふたつあったんですよね!

まずひとつは、ボーイズバーで、もうひとつは、板前になる事でした。

でも、板前になる為には、見習いから入るよりも、調理師学校に通い調理師免許をとってからの方が腕を上げるのが早いと聞いていましたから、先ずはその学費を稼ぐ為にボーイズバーの仕事で稼ぐ事にして、少しでも勉強になるかと思い、掛け持ちで料亭でアルバイトをしています。

このふたつの夢をかなえる為に、その当時は寝る暇も無く、本当にすさまじく奮闘しております。

まず朝5時に、築地の市場に仕入れに行く手伝いをして、ランチ営業。その後、少しだけ仮眠をしてこのバイトに入っています。

やはり、20代の若いうちにしか、体力的にも無茶も出来ませんし、何事にもチャレンジ出来るし、吸収も早いですからね!

そして、30代までに出来る限り、いろいろな事を経験して、貯蓄をし、独立資金を貯めることが目標でもあり、夢なんです。

ある程度の資金を貯めれば、やりたい事は何でもやれますからね!

生活の安定は、その後からでも出来る事だと思いますし、今はとにかく無我夢中で突っ走しって、出来る事は何でも吸収したいですから。

その点、このボーイズバーはとにかく刺激があり、毎日が楽しいですし、次のステップへの活力にもなりますし、やる気も出ます。それにとても勉強にもなります。

このお店は、ホストの様な独特な厳しい上下関係も無いですから、すごく働きやすいんですよね!そこがまた良い環境なんです。

料亭の手伝いをし、週3回~4回のシフトで稼げるバイトはここしかないですよね!

結構、周りからはお前はいつ寝ているの?って聞かれるんですが、週1回は必ずoffの日をつくり、その時にはまるで電池が切れたかの様にずうっと睡眠をとって寝貯をしていますので、普段はほぼ寝ないで稼ぎまくっています!

世界全国、みんな平等で1日は24時間しかないですから寝ている時間なんか勿体ない!僕なんかは1日34時間位欲しい位です。だって、体力は今の若い時しか無理が利かないですからいまが勝負だと思ってはりきって頑張っています!

先日、お客様から神楽坂にある高級料亭にご一緒させてもらいました。内装はもちろんですが、料理がとっても繊細で、盛り付け方ひとつが僕のバイトしている様なお店とは大違いでした。それよりもイチバン感動した事は、ひとつひとつの料理の器の美しさがとっても素晴らしい事です。とても勉強になりました。

こんな機会も沢山ありますので、ますますやる気にもつながりますね!