ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 09 / 06

美容師アシスタントが報酬が良く副業に最適なバイトに挑戦

投稿者 ヨシ(20歳)

美容師志望といってもまだアシスタントなんで、生活苦しいです。

やっぱり東京での生活ってのもありますね。

ほんと、畳が若干波打ってるようなボロい家で暮らしてます。

それでもギリギリ。

しかも美容師としてのアテがあるのかどうかもわからない。

保証も確証も何もないから、今ほしいのは、正直、若いのに年寄りみたいな話ですが、「安定」です。

とはいえ夢を捨てるわけにもいかないから、副業に最適なバイトを探すことにしました。
僕が考える副業に最適なバイトというのは、とにかく報酬が良くて、シフトの自由がきくってことです。

その条件で言うと、ボーイズバーってのが、一つの選択肢になりました。

「お、これいいんじゃね?」と思いましたね。

というのも、僕は美容師アシスタント。

とにかく接客時には、まあ多少なりともトークはします。

それに、上手にお喋りする人の方が、リピートも良かったりするんですよね。

だから、話術を磨くにも良いと思いました。

そんなこんなで始めたボーイズバーの副業なんですが、とりあえずは、週1回これでいくことにしました。

様子見です。

本業があるから体力的にどうかな?と思ったけど、予想に反して特にそれほどつらくないんですよね。なんか、会話に夢中で終わってしまいます(笑)

お客様と楽しく話してたら、もう時間、みたいな。

なんか肩すかしって感じで、それにしては報酬が良く、初月は月に5回くらいの出勤で、ほとんど美容師アシと同じくらいの稼ぎを取ってしまいました。

そうなるともう、これはやばいだろうと。

続けないわけにいかないだろうと。

最初の話術を磨くのにもちょうどいいんじゃないかとかそういうエクスキューズは自分の中でなくなってしまって、なんかもうひたすらに、目先の金のために働きまくりました。
でも、それが結果的に良かったんだと思います。

入って3か月目くらいまでは、そんな感じで結構働きましたから。

おかげでいろいろなお客様と接することができて、結構自分の中にも話題の引き出しができたし、日給が良いので、自然と貯金も増えていきます。

そのとき作った「財産」で、今は、どんなお客様から指名を頂戴しても、なんとか及第点以上の接客が安定してできるようになってきました。

それに、やっぱり本業が接客って方におすすめしたいのは、金のことだけじゃなくていろんなお客様と触れ合えることにもあります。

見事に変わった経歴を持った人ばかり、ってこともないですが、面白い方が多いですからね。

いろいろと話のネタができて、しかも仕事で喋るのは鍛えられるから、話し上手にはなれます。

そういうのは、別に他の仕事じゃなくても、日常生活でも活きてくることですから、損にはならないでしょう、いや得しかない。

まだ本格的に美容師として自立するのはちょっと先になりそうですが、今はお金も手元にあるおかげか、精神的にもゆとりがあって、今後のことを前向きに考えられています。