ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 08 / 07

高収入のおかげで借金生活から渋谷で一人暮らし

投稿者 ショウ(21歳)

俺みたいなハンパな奴でも、渋谷で一人暮らししながら、外車を乗り回す生活ができています。なんか調子乗ってるみたいですんません。まあ、俺の力というより、お店のおかげですね(笑)

ハタチで憧れを持って出てきた東京でしたが、理想と現実のギャップというのは、とにかくデカかった。最初は六畳一間の、畳が波打ってるような貧乏住宅で、それはそれは今考えるとおぞましいような貧乏生活を送っていました。

そりゃあそうです。金銭感覚が地方と都市では全然違いますからね…。あの頃はどうやったらこの暮らしから這い出ることができるのか、のた打ち回る思いで考えては、たまに普通のリーマンの面接に行ったりして、簡単に玉砕していました。

やっぱり、俺みたいなハンパな奴が、東京で普通にしようってことには無理があるんですよね。真面目な顔して就職活動とかバイトとか、そういうことはやめて、とにかくどんな世界でもカネがいい仕事を探そうと思いました。

それで見つけたのが、ボーイズバーでの仕事です。それから9か月、あのおぞましい木賃宿のような六畳一間からはついに抜け出して、今は、渋谷で一人暮らしですよ。それもそこそこいい家。部屋だってばっちり二つありますから。そこまでいけば成功でしょう。しかも車は憧れのBMWです(中古ですけど…)。

なんでここまで生活が変わったかって…まあ、簡単にいえば、高収入のおかげ、ということになります。高収入のおかげ、なんて言い方は変かもしれませんが、ボーイズバーで頑張った結果、当初、自分が思っていた以上の給料を取れるようになったんですよね。

仕事は楽しいです。ちょっと面倒だなって思うことも正直なくはないですが、まあ、これはどっちかっていうと俺があり得ないくらいの物ぐさだからです(笑)仕事内容的には全然きついところはないし、むしろトークが好きな俺にとっては、ストレスゼロに近い。仕事の後はぐっすり眠って体力回復。それもいい家なんで、これがまたよく眠れるんです(笑)

なんて自慢ばかりになりましたが、結構、同じお店で働いてる仲間ってこういうこと隠すんですよね。やっぱり、ひがまれたくないとか、いろいろあるんでしょう。でもそこをあえて俺は言います。ボーイズバーは、稼げます。それも、大体どんなタイプでも。接客ってことに対して意思と向上心があれば、指名も絶えることはないと思いますね。

なんて真面目っぽい話しましたが、最初のうちは流れとか場面とか、要するにその場に合わせる力ってもんが重要だと思います。自分なりのやり方を考えるのは、安定して稼ぎが得られるようになってからでも遅くないです。というか、最初から方法論とかガチガチで接客してたら、お客様にだって楽しいと思ってもらえませんからね。

実は…この仕事始める前は、ちょっと借金もあったんですけど、あれ、確か最初の方は日払いとかでもらっていて、10日くらいで返済できたんじゃないかな?(笑)だから、そんなことで絶望することはないし、カネがないならこの業界、とりあえず飛びこんでみてほしいです。