ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 06 / 27

都内での生活は苦しい・・・だからダブルワークでしっかり稼いでます

投稿者 涼(22歳)

都内で暮らしていくのって、普通にサラリーマンやっててもキツイもんですね。自分はまだ新卒の新入社員なので、特に給料低いんですが…それでなくても実際、ダブルワークしないで生活できる奴っているのかって感じです。やっぱり、地方とはワケが違いますね。

というわけで、俺がやってるのは、ボーイズバーでのアルバイトです。昔から体育会系で体力には自信があるので、サラリーマンとダブルワークなんですが、大した負担にはなっていません。むしろ、ボーイズバーでのバイトは、ちょっとしたストレス発散にもなっています。お客様とお酒なんかも飲んでお喋りするのは、楽しいし、気晴らしになります。

ただ、今でこそそうですが、最初のうちは、多少苦労しないでもありませんでした。なんか、ボーイズバーでの接客を、ちょっと難しく考えていたんだと思います。あまり「話そう」「盛り上げよう」という意識が空回りして、なんか、無理のある、わざとらしい接客になっていました。あの頃のお客様には、白けた思いをさせて、本当に申し訳ないです…。

今は違います。大事なのは、場の流れに任せて、それなりに楽しいというムードを作ろうとすることです。めちゃめちゃ楽しい必要はないんです。それなり、でいいんです(笑)それくらいのユル~い意識で、適当にさわやか笑顔を交えながらやっている方が、お客様にも自然に楽しんでもらえます。それに無理がないから、自分としてもラクにやれます。

肝心の稼ぎの方はどうかというと…まあ、高収入といっていいんじゃないでしょうか。本職並に稼げるし、おかげで都内での何かと厳しい生活にもゆとりができました。破格にバブリーというわけではありませんが、もう、普通に生活していて「今月苦しいな」と感じることはありません。

あとは、どれくらいこの仕事を続けていられるか、ということですね。

体力的には、やっぱり何の問題もないんですよ。ボーイズバーの仕事は、肉体的な負担というのはほとんどありません。あるとすれば精神的な辛さですが、それもネアカの自分にとっては問題になりませんし、うまくリフレッシュしながらやれば、余裕ってもんです。

現実的な面として、まあ、どこまでお客様に飽きずに指名してもらえるか、というところです。これが途切れたら、やっぱり副業として成立しなくなります。だから、リピートしてくれるお客様は大事にしなくちゃいけないな、と意識しているのですが、どこまでちゃんとやれてるのかな…と不安になることはあります。こんな真面目なこと、サラリーマンの方では一切考えないんですけどね(笑)こっちの方が自分に向いてんのかな、なんて。

まあ、考えるよりも何よりも、実践ですね。先のことはわかりませんし、今日も出勤の予定なので、この今を頑張ることにします。それが未来に繋がっていくはずだと思います。