ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 06 / 26

一攫千金を夢見て…体育会系のオバカな自分も挑戦

投稿者 雄(21歳)

これまでは、まあまだ若いし、フリーターでちんたらやっていたんですが、さすがにそれだけでは生活資金が持たなくなってきました。いつまで貧乏生活を続けていかなければならないんだと考えると、なんか、お先真っ暗という気分で…ハンパなことはやっていられないと思い、一攫千金を夢見て、ボーイズバーで働くことにしました。

昔から、体力とルックスに自信はあったんです。体育会系で、上下関係にも慣れているし、まあ大体のことには耐えられるだろうと、かなりの決心を持って始めた仕事だったんですが、拍子抜けでした(笑)ボーイズバーの高額アルバイトは、イメージしていたよりもずっとラクで、しかもワイワイと楽しく仕事できる、そういう感じだったんです。

あまりラク、ラクというと誤解があるかもしれませんが、仕事はちゃんとやっているつもりです。それでもあまりストレスを感じないのは、やっぱり、ずっと体育会系で精神を鍛えられてきたというのもあると思いますが、何より、お客様と楽しくお喋りをするという仕事内容が、自分に向いているからだろうと思います。

それくらいのことなら、なんというか、自分の「地」でできるし、これは仕事なんだという意識もなく、気楽にやれます。そうですね、ラク、というよりは、気楽という感じが強いかもしれません。おまけに高収入なんだから、モチベーションはそりゃあ持続します。

一攫千金、というほどの勢いはないかもしれませんが、それなりに長く続けてきたおかげで(もう半年くらいです)、貯金もそれなりにできました。今度は、もうちょっと家賃も高くて住環境の良いところに、引っ越しも考えています。生活ランクが上げられそうです。

僕は特に学歴があるわけでもないし、明るい性格と、体力とルックス以外には大した取柄もないのですが、それでも東京での一人暮らしに不便しないくらいの稼ぎは得られています。あまり難しく考え込まずにチャレンジすれば、誰にでもチャンスはあると思います。

ただ、最近、ちょっと考えるのは、本当にこれ一本でずっとやっていけるのか、という問題です。やっぱり、当たり前ですが、若いうちだけしかできない仕事だと思うし、現実的なことを考えれば、食えなくなったときのために、資格とかも取りたいな、と思います。

いい加減な性格の自分を、そういう真面目な気持ちにさせてくれたのも、この仕事だと思っています。調子に乗って金を使っていると、すぐに貧乏をするということも、何度か経験しました(笑)稼ぎたい、という気持ちだけじゃなくて、将来に渡って生活に困らないためにどうすればいいのか、というようなことも、やっぱり考えないといけないです。

まあ、基本はワイワイ楽しくなんですけど、それなりに生活が安定してくると、「今後のこと」というのも真面目に考えられるようになります。とりあえず今、目先の金が必要な人はすぐにボーイズバーで働いて、ちょっとしてから後のことを考えればいいと思います。