ボーイズバーアルバイト体験談

ホテルに就職も馴染めずにボーイズバーに勤務…店外指名の仕事が好き

地元を離れて上京してきた流れで

高校卒業後、東京の専門学校入学。そして、姉が東京でキャバ嬢をやっているので、その影響というか、流れでキャバクラやボーイズバーの仕事など、水商売のアルバイトを在学中は経験しました。普通のバイトをしていては見られないような世界が覗けて、高収入にも恵まれ、楽しい学生時代を過ごせました。

卒業後は接客ばかりしてきたということで、ホテルマンになったのですが、どうしても水商売の道とは違うカタい雰囲気になじめなくて、挫折、退職し、新宿の今はボーイズバーに勤務しています。それが今の本業です。

学生時代にも同じ仕事をやってたのですが、当時のお店と違うのは、圧倒的な待遇の良さです。キャストがお店のコマとしてでなく、ちゃんと人間扱い、何なら丁寧すぎるくらいに扱われています。具体的には日払い対応とか、こちらの都合を優先した出勤ペースの調整とか、その他相談事はいつでも親身になって聞いてくれたりと、そういうことです。

店外指名も相当楽しんでいます

またこの新宿のボーイズバーでは、店外指名があります。よくご存知でない人のために言っておくと、ボーイズバーにも働き方は二種類あって、お店でお客様のお相手をするときには店内の仕事、そしてお店の外に出ていく店外指名、デリバリーホストとか出張ホストといわれるような働き方になるのです。

僕は店外指名が好きです。そういう仕事をするまで意識をしたことがなかったのですが、店内の薄暗いムードの中で仕事をするよりも、外で、なんだか賑やかなところとか別のお店とかで飲食したりするのが、すごい精神面に良いような気がするんです。解放感があるというか。

店外指名は稼げるし楽しいだけでなく、お客様によっては、普段の生活ではありえないような世界を見せていただけたりもするので、とても良い刺激になっています。若いときに何でも経験しておくものだといわれますが、そうだとしたら、ここは高収入というお金の面でも何かと経験させてくれる面でも、素晴らしい、多くの機会に恵まれる場所だと思います。

きっかけは何でも、飛び込んでみてください

僕の場合は専門学校入学後、水商売の道に入って、という流れが根底にあるわけですが、きっかけは人それぞれです。この仕事を始めるにあたって、なんというか、典型みたいなものはないんです。みんなすごい個人的な事情で入ってくる、それをお店は受け入れてくれる。

そんな場所なので、ひとまず考えるよりも飛び込んでみてほしいなと思います。求人募集が出ている今がチャンス、というとなんだか煽っているみたいですが、冷静に考えてもこの仕事という答えに行き着くと思います。まあ、そこも人の相性というものがあるとは思います。作業系の方がラクという人もいるでしょうし。

僕自身の話に戻ると、今は、1000万円という貯金の目標達成を目指しています。夢というほどのものが明確になっているわけではないのですが、将来、地元に戻って何かお店でも出せたら、というささやかな思いはあるので、とりあえずそんなイメージを持ちながら、この高額バイトを続けられる限りやっていきたいと思います。