BLOG 2019 / 08 / 05

ボーイズバーを退店後に系列のイタリアンレストランのへの転職が決まりました!

長く続けたかったボーイズバー。肝臓を痛めてしまい、急に退店が決まりました。

僕がボーイズバーへ入店したのは、今から3年前でした。凄く充実した毎日を過ごしていましたし、本当はもっともっと長く勤めたかったのですが、筋トレのし過ぎで肝臓を傷めてしまい、仕方がなくボーイズバーを退店しました。店のみんなや仲の良いお客様からは「お酒の飲みすぎなんじゃないの?」とかなりからかわれましたが、僕は元々筋トレが趣味でちょっとやり過ぎたところもありましたし、お医者様にも診てもらったので間違いありません(笑)

しかし、ボーイズバーを辞めた時は本当にショックでしたね。本当は、出来ればあと数年は続けたかったんですよ。僕にとってボーイズバーは単なる高額バイト先ではなかったんです。1つの家族みたな感じだったんです。ボーイやスタッフ、店長、マネージャーみんな助け合ったり相談し合ったりして、とても職場環境が良かったし、お客様だって僕らのことをとても慕ってくれてるし。出来る限り長く働かせてもらうつもりでいました。なのに、突然辞めることが決まってしまったんです。

ボーイズバー退店後、なんと系列店に転職が決定!感謝しかありません。

自分のせいとはいえ、退店後のことを考えると不安でいっぱいでした。お陰様で貯金はそこそこ出来ていたので、生活に不安はなかったのですが、また1から新しい仕事を探すとなるとかなり大変だろうなって思ってたんです。なんと店側から、ボーイズバーのグループのレストランで厨房にならないか、と誘ってもらえたんです。正直とても驚きました。まさかお声掛けいただけるとは思っていませんでしたから。詳しく話を伺うと、系列店にイタリアンレストランがあるらしく、そこの厨房担当を求人中とのこと。僕は喜んで面接を受けさせてもらうことにしました。もちろん、相手の方も、僕がグループ店のボーイズバーで働いてることは分かった上で面接をしてくださったんですけど、僕のことを早い段階で受け入れてくださって、本当に感謝しかありません。僕はレストランの厨房は未経験なので、これから勉強しないといけないことが山積みなのです。

これをきっかけに気持ちをリセットして、これからの仕事を前向きに頑張って行きたいですね。少しでも早く仕事を覚えて戦力にならなければ!と、やる気満々状態です(笑)

グループ店等多角経営しているお店だからこそ、最後まで安心出来ました。

やっぱりこれって僕が働いていたボーイズバーが、色んなお店などを経営してる信頼あるお店だったってことですよね。だから、僕みたいに系列店に転職出来たんだと思うんです。これって働く側からすればすごい安心材料だと思います。

肝臓を傷めて大好きだったボーイズバーの退店が決まった際には、人生のどん底感を味わいましたが、筋トレで肝臓を痛めて自業自得な僕を、最後に店側が救ってくれたんです。この御恩は、次のイタリアンレストランへ返していきたいなと思っています。