BLOG 2018 / 11 / 01

体育会系男子も必要不可欠ですが、ボーイズバーには絶食系男子も高額収入!

マネージャーの奏です。

先日、面接に訪れた子が面白い話をしていたので、ここで紹介をします!

いきなり面接で僕は、「絶食系男子」っていう分類の男子なので、このお仕事はあってると思います!って言って来ました。
体育会系や草食系男子ってのは皆さんもご存知かと思いますが、「絶食系男子」って分野を聞くのは僕は初めてだったので、興味を持って話を聞く事にしました。

 

23歳で童貞だそうです。

そのケンイチくんは、大学3年生でカフェでバイトをしているのですが、卒業旅行のための資金を貯めるために高額バイトを探してHPを見て応募してきた子なんです。

見た目的には普通に女の子のモテそうなルックスをしているのに、23歳で童貞なんだそうです。
ゲイとかではなく女の子の友達は沢山いて飲み会の帰りとかに、その子を家にも普通に泊めたりして同じベットで寝たりしても、そういう関係を求める事は無いんだそうです。
それは、男友達を泊める感覚と同じで恋愛感情は持たないそうなんです。

 

恋愛に興味がない・・・。

過去に何かイヤな失恋経験や、トラウマからの女性恐怖症で恋愛出来ない訳ではなく、恋愛自体に興味がないらしいのです。
そんな時間があるならひとりで自分の好きな事に没頭していた方がマシ。決して人付き合いや人間関係が苦手な訳ではなく少しだけめんどくさいと感じるだけなんだそうです。

そう言えば、よくよく考えてみたら、最近の若い子に当てはまる所は沢山ありますよね!
男だけの飲み会の場所に、昔だったらこの場におんなのこがいたらもっと楽しいのにな〜とか、野郎どもの飲み会のよりも合コンやら女の子も誘い、一緒に帰るチャンスを待ち構えてたりするのが普通だったりしましたが、男友達をだけの方が遊びも飲み会も十分に楽しめたりもしますからね。

 

マネージャーが手助けします!

そんなケンイチくんですが、入店して様子をみていると、やはりそういう傾向があり、逆に誰とでも気軽に仲良くなれ接客も無難にこなしてくれていますが、恋愛経験が少ないので最後のひと押しに欠ける所が勿体無いなって思える所もありますが、我々スタッフが、その最後のひと押しを手助けしてあげれば必ずリピーターに繋がるので、逆にこちらからお客様にご紹介をする際に少しシャイな所がありますが、何にでも一生懸命な子なので、間違いは無いですよ〜ってオススメをしてあげていました。

最近では、少し要領を掴んだのか、それとも彼独特の「絶食系男子」の部分が評価されてか、ケンイチくんファンが沢山出来、リピート率は100%に近い位に指名を確保して、必ず出勤した日にはギャラが2万円以下ってのは見た事がないです。

お店を盛り上げるためには「体育会系男子」も必要不可欠ですが、ケンイチくんのような「絶食系男子」もコンスタントに稼げるお店ですので是非、これから応募するのを悩んでいる人がいましたらウエルカムですのでチャレンジしてみて下さいね!