BLOG 2018 / 08 / 29

お客様と急遽!盆踊り→ビアガーデン→お店でカラオケ祭りで、ギャラは二万六千円ゲット!

マネージャーの奏です。

毎年恒例の、近くにある神社の盆踊り夏祭りにキャストの3人とお客様と行って来ました。

 

地元に住んでいた時は、夏になると浴衣を着て悪友達とナンパ目当てに、色んな街の祭りや花火大会に出向いてましたが、東京に来てからは初めてのお祭りでしたので、猛暑で暑い中楽しんで来ました!

つくづくと感じましたが、東京って便利ですよね〜!

だって、前もってお祭りに参加する予定など何も計画すら立ててなく、お店で飲んでいたら、太鼓の音がしていたのを聞いて、キャストのハルトが「祭り行きて〜よう」って話してから急展開な出来事でした。

そして、どうせいくなら浴衣か甚平を着て行きたいけど、こんな急なので用意が出来ない・・・。

その時に頭の脳裏に浮かんだのがあの有名な「ドンドンドン ドンキ ドンキホーテ」でした。

 

それからの行動が速いのが、お客様のsさんです。

タクシー飛ばして15分!

4人分の浴衣と甚平、それに雪駄に扇子までドンキホーテから購入して大量の袋を両手に帰って来たのです。

そして、「よし、これから急いで、浴衣に着替え出かけようぜ!」って事になり、お客様に浴衣の着付けまでして頂き準備万端に姿で、太鼓の音のする方角に早歩きで4人で向かいました。

 

アユの塩焼き目指して猛ダッシュ!

そこには、きちんと櫓も組んであり、盆踊りの真っ最中でした。

もちろんその周りでは、たこ焼きに焼きそば、焼きトウモロコシ、リンゴ飴もありました。

 

でも、一番のオススメはアユの塩焼きなんだそうです。それをゲットする為にまた猛ダッシュ‼

残念ながら時間が遅かったので、残り2本しか買えませんでしたが、皆んなで分けて美味しく頂きました。

こういう場所で食べる物って何故か何を食べても美味しいんですよね!

しばらく、その場を楽しんでましたが、そろそろ祭りも終盤になった頃、「せっかく浴衣や甚平に着替えんたんだからこのままビアガーデンでも行こうか〜」ってタクシーで向かった先が新宿のど真ん中の歌舞伎町。

 

二次会は歌舞伎町のビアガーデン!

ビアガーデンって、どちらかと言えば新橋や銀座の屋上のイメージが強く、歌舞伎町にあるなんてビックリでしたが、どうやら今年出来たばかりのお店の様で、あまりまだ知られていない穴場かも知れませんね!

 

ビルのおしゃれな屋上テラスで、炭火焼き焼肉を食べながらキンキンに冷えた生ビールを堪能させて頂きました。

毎回、色々とサプライズで楽しませて下さって・・・。

 

sさん有難うございます!

 

その後で皆んなでお店に帰って、もちろん朝までカラオケパーティでした。

いやらしいお話ですが、浴衣や甚平も買っていただき、腹一杯に和牛の炭火焼き焼肉をタップリとご馳走になりながら、僕らのその日のギャラはと言いますと、ひとり2万6千円。

こんな風に、意外性のある指名も直ぐに対応出来るのが、当店ボーイズバーの強みのひとつなんです。

今度は、この浴衣を着てこのメンバー皆んなで、花火大会に行く予約も頂きました。今から楽しみにしています〜‼