ボーイズバーアルバイト体験談 2018 / 06 / 10

役者志望の貧乏大学生が選んだ仕事は、水商売!給料即日払いのボーイズバーです!

ツヨシ21歳です。

僕は高校の頃から役者志望で、劇団とかでずっと頑張っています。

 

めちゃくちゃ楽しいんです。

 

やりたいことですし、近い将来これで食えるようになりたい!って思ってるぐらいです。 でも実際は、劇団の活動だけじゃ生活出来なくて、高額報酬のバイトやってるんですよね。 これでいい感じに生活できてます。 なので、そのことを詳しく書きたいと思います!

 

劇団の生活が中心の大学生活

実家は四国なんですけど、高校の時に演劇に目覚めてから、進学は迷わず東京の大学を選びました。 地元の劇団が本当に趣味程度の活動しかしてなくて、なかなか明るい将来が見えなかったんです。 大学では演劇サークルを転々として、今は社会人の人が集まる劇団で頑張っています。 大学も、まぁ、留年しない程度には頑張っていますけど、やっぱり劇団の生活が中心になってますね。 やっぱり社会人の人たちって、大学の劇団サークルとは違う面白みがあって、僕には本当に刺激になって楽しいんですけど、そんな僕の悩みは、チケットノルマです。

 

チケットのノルマがキツいんです。

ぼくは大学から東京に出てきたから、そんなにたくさん知り合いもいないですし、そもそも知り合いにチケット代を払ってもらおうってなかなか思えなくて。 来てくれるだけでもありがたいので。 なのに、チケットノルマって毎回結構な枚数あるんですよ。 みんな、そのためにチケットを自腹で買って、とりあえず手あたり次第配ったりしてるんですけど、僕は大学生だし、とにかくお金がない。 そんな金銭的余裕が無かったんです。 で、思い切って水商売でもしようかなって思ったのが、今のバイトを始めるきっかけでした。

 

大学、劇団、水商売の生活を決める。

大学と劇団の合間にバイトすることになるから、そこそこ時給が良くないとそんなに稼げないなって思ったんですよね。 で、手っ取り早く水商売の求人情報を見てたら、ボーイズバーの広告を見つけたんです。 しかも僕が選んだ新宿にあるこのお店は、なんと働いた給料は即日払いのバイトだったんです。すごいでしょ。 頑張って働いた分がすぐその日に貰えるってことは、次の講演のチケット代にも間に合うなと思って、即決しました。 働き始めると、スタッフにもお客さんにもいろんな人がいるから、それだけでも楽しくて勉強になるっていうか。

 

役者人生にも精通する水商売

ちょっと大げさだけど、芸の肥やしになるなって思うんです。 いや、実際ほんとに演技の幅って広がってるなって実感しますもんね。 あと、それだけじゃなくて、やっぱり即日払いのバイトってすっげーやる気出ますね。 大学と劇団で正直結構毎日疲れてるんですけど、働いた分はすぐにお金貰えるんだって思ったら、休むこととか全然考えないですもんね。 ボーイズバーって、僕みたいな役者志望に向いてるかもしれない。

 

役者志望の貧乏学生にボーイズバーは最適!

とりあえず、大学卒業後は劇団とボーイズバーのバイトを生活の軸にして頑張って行こうって思ってます。 バイトの時間、今よりだいぶ増やせるから、生活ってもっと楽になるだろうし安心です。