ボーイズバーアルバイト体験談 2018 / 03 / 30

ノルマに追われる仕事に疲れて転職活動の後、僕が選んだノルマなしのナイトワーク。

毎月容赦なく襲ってくるのノルマ

24歳ケンジです。

僕は新卒で小さい保険代理店に就職しました。

インセンティブがあり、頑張れば頑張るだけ給料がたくさん貰えるのがいいなと思ってこの会社を選んだんです。

 

でも、いざ働きだしたら大変でした。

 

保険関係の営業職ってどこもそうだと思うんですけど、とにかくきついノルマが毎月襲ってくる感じです。

頑張っても頑張っても翌月にはそれがリセットされて、また1から頑張らないといけない。

半年ぐらいはなんとか気力でやっていけたんですけど、そのうち会社に行くのが嫌になってしまって。

 

永遠のノルマから脱却するための転職

最初はそんな感情すら、甘えなのかもしれないって思って押し殺していました。

実際、10年も20年もこの環境で働いてる社員さんはたくさんいましたし。自分だけがこの状況から逃げたいって思うのは、自分が弱いからかもしれないって思って。

なかなかこの悩みを同僚や先輩方に相談することも出来ずに、ひたすら目の前の仕事をこなす日々が続きました。

 

でもやっぱり、考えれば考える程、この会社を辞めない限り、毎月のノルマが永遠にのしかかってくるんだなと思うとゾッとしちゃって。

 

仕事に疲れて転職することにしたんです。

 

ノルマのないナイトワークを転職先に。

いろんな求人情報を見ました。

今とても景気が良くて人手不足なので、結構どの会社でもいい条件で求人を出してると思うんですけど、僕は営業職の経験しかないので、ついついノルマのこととか考えてしまって。

そうすると、あの悪夢のような前職を思い出して身震いしてしまうんですよね。

なので、まずは気分転換にバイトでもすることに決めて、バイトの求人情報を集めることにしました。

目に止まったのはナイトワークの水商売でした。

 

やっぱり、前職でそこそこの給料を貰っていたので、いくらアルバイトとはいえ高収入を目指したいじゃないですか。

 

で、いろんなお店の求人情報見たんですけど、週5日働く計算でいくとやっぱり結構な高収入になるんですよ。

俄然ナイトワークに興味を持ってしまって。

で、一番通いやすそうなメンズバーを選んで、バイトすることにしたんです。

ナイトワークの中でもこのメンズバーって特に今の僕に合ってるなって思いました。

ノルマとか無いんですよ。

だから、無理にお客さんにお酒をすすめることもないし、僕自身ストレスがないです。

これって結局はお客さんも自分のペースで楽しめるわけだから、また後日来てくれるんですよ。

リピーターが多いって単純に僕もうれしくなっちゃいます。

で、そのうち自然に指名も増えていきます。

 

ストレスなく高額の給料が貰えるナイトワーク

今はこのメンズバーで週5日働く生活がとても気に入っています。

前よりもストレスがなくて、週休2日で、でもそこそこお給料ももらえて。

仕事に疲れて転職した僕にとってみたら、この生活は大正解でした。

同じ水商売でも、ノルマがあったりもっとストレスのかかってしまう職場ってたくさんあると思いますけど、メンズバーは本当に、僕は自分に向いているなって思っています。