ボーイズバーアルバイト体験談 2018 / 03 / 10

貧乏生活に終止符を打つためにボーイズバーでダブルワークを決めました!

イチロー入店しました!ww

いまはサッカーをしてる人達が多く、野球ブームはどこに?って感じもありますが、僕は野球少年でしたのでやっぱりメジャーもそうですが、日本の野球の話題にも敏感です。

逆に、サッカー事態の詳しいルールもわかんないです。

高校時代は、新潟の明訓高校野球部に所属をしていて、背番号がイチロー選手と同じ51番のセンターでした。

県大会で準々決勝進出までしたものの、敗退をして甲子園大会にはいけませんでしたが、今でも日曜日に、住んでる近くの猿江公園で草野球をしています。

そんな話を面接の時に話したら、入店後の源氏名は「イチロー」になりました。ww

 

状況までの道のり

高校卒業後、実家がそれほど裕福な方ではない事を理由に、大学進学をまぬがれて、憧れの東京に上京を。

そして、今は、就職してリーマン生活を送っています。

幼少時から野球三昧の日々でしたので、あまり、頭も良くないですし勉強が苦手だったのと、3年生の春に右肩を壊して、大学推薦もなくなった事も理由のひとつでもあるんですが、もともと勉強嫌いだったのと、地元での就職はやっぱり給料も安い事。

それに、いちばんの東京上京の理由は、東京ドームか後楽園球場で野球観戦をしたいって事からでした。

 

就職はしたものの・・・。

就職をした会社は、東京駅の近くの百貨店の地下に配属されたので、独り暮らしの場所を選らんだのはドーム近くの飯田橋から徒歩15分のマンションに決めました。

1LDKの少し古い物件ですが、窓から少しだけドームが見えるんで、即決しました。

でも、憧れの東京での生活がこんなにも大変だとは思ってもみませんでした。

 

一番大変なのは、家賃が高い! 

 

高卒の給料ってわずかなもので、それに働いて初めて気がついたのは、社会保険や厚生年金に積立預金とかで給与明細をみた時にはびっくりするくらいに、手取りが少ないのです。

お米だけは、地元新潟のコシヒカリを実家で送ってもらえるので、助かってはいますが野球どころか、休みの日に遊ぶお金さえも無い貧乏生活の日々でした。

 

ダブルワークを決める!

そこで、何かバイトをしてこの貧乏生活からの脱出を考え、早番の日と休みの前の日に出来る、シフトが自由なこのボーイズバーに半年前に入店をしました。

昼職も、サラーリーマンと言っても、接客業なのでナイトワークは初心者ですが大丈夫だと思い応募をしましたが、働いて、はじめて気付いた事は、同じ接客業でも商品を買いに来て下さるお客様をお相手をするだけなのですが、このボーイズバーでのアルバイトは、自分自身が商品という事が大きな違いでした。

ノルマや罰金など無いのは同じですが、自分自身の努力で直ぐに結果が出て、収入に結びつくのでとてもやりがいのあるバイトです。

百貨店にも、もちろん常連のリピーターのお客様はたくさんおります。が、それはただ品物を気に入ってご来店されるだけで、誰が販売をしても同じ。

 

イチローの様に頑張ります!ww

最近メジャーでは、様々な選手が話題になっていて、今シーズンも目が離せないです。

いちばんの話題は、やっぱり今季移籍メジャーデビューのエンゼルス大谷翔平選手ですね!

デビュー戦は、とても残念な結果に終わり収穫と課題が残りましたが、日本での活躍の時のように二刀流のすご技をみせつけて欲しいです。

でも僕のいちばんのファンなのは、マーリンズからFAとなっているイチロー外野手です。とても44歳には思えない若さと毎年の活躍ですよね!

CMで起用されているユンケルを毎日飲んでるんでしょうかね?

日本に帰って来てくれるかなって少し期待をしてましたが、古巣のマリナーズと契約でほぼ決まったみたいで、それもそれで頑張って欲しいです。

 

源氏名ショウヘイくんの入店をお待ちしています。笑。