ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 12 / 09

舞台役者を目指して上京…週に3回~4回の出勤でも手取り額が30万以上になる月も!

投稿者 アトム(24歳)

僕は舞台役者を目指して、岐阜県から上京してきた夢見がちなアトムっていいます!

もう、事務所に登録して早4年になりますが、まだ役者としての安定した仕事はありません。ちょいちょい脇役やラジオの仕事はもらえた事もありますが、まあ、鳴かず飛ばずというのが現実です。

小さな事務所ですが、映画や舞台で活躍している人も沢山おりますが、僕の場合は収入ゼロって月もあります。

いつまで叶わない夢を追いかけているんだ、って周りからは笑われていますが、小さい頃からの夢でしたので、実現させる事だけを生きがいとしてきました。

岐阜からわざわざ出て来て、役者になる事を目標にワークショップで学費まで出して、ここまで頑張ったので意地がありますので、誰に何を言われようが、絶対にあきらめる訳にはいきません。

しかし、現実はそう甘くは無いのです。東京でただ暮らすだけでも結構なお金がかかります。

もちろんアルバイトはしていました。お寿司のデリバリーやピザ屋とかも色々なバイトを経験しました。でも、レッスン日がかぶると休まなければならないので、なかなか都合の良いバイトってないものです。

このままでは、生活が大変で、食べる事すら出来ず、アパートの家賃すら遅れる事もありました。

そして、貧乏生活を脱出したく、レッスンの無い日に都合よく働ける高額バイトをネットで探し、このバイトに行きついたんです。

本業というか、夢のために驚くほどに割が良く、週に3回~4回の出勤でも生活がすごく楽になりました。手取り額が30万以上になる月もあります。

ホントですよ!

そのお陰で、オンボロアパート生活からも脱失出来て、今ではワンルームですが、マンションに引っ越し出来ました!

それに、何よりもこのバイトでの利点としては、お客様とお話をするのも、何気に、勉強になる事です。

色々な、お客様がおみえになりますので、会話を聞いているだけでもとても勉強になります。

様々な業界の話を聞くだけでも、役者として演じる事に対しての幅が広がってきていると感じます。

こういう何気ない話の蓄積が、これからの役者人生にとって無駄にはならないと思うんです。

それは、先月の事務所でのオーディションの時に実感しました。いつもならば、演技をダメだしする役員さんが、珍しく「どうしたの?最近君の演技、とても感情がこもっていていい感じじゃない」って、褒めて下さいました。

そして、冬公演のメンバーの選抜候補に選んで下さいました。

もし、この高額バイトをはじめていなければ、今頃はきっと、まだ脇役さえももらえず、腐って、岐阜に逃げて帰っていたかも知れません。

色々な意味で、このバイトも、ある意味演じるって事において、役者業と同じで、このバイトをする上においても、ある時には友達役、そしてある時は飲み相手や恋人役など、ケースバイケースで、お客様に合わせてその場を演じてあげる仕事です。

ですから、毎日が舞台やドラマと一緒で、勉強にもなるバイトですし、高収入を稼げるので、とても感謝してもしきれません。

時々、これだけ稼げて勉強にもなるので怖くなって、本当にいいのかな~って思う時もあります。

でも、今は夢を実現させる為にも、いつまで続けられるかはわかりませんが、このお店でお世話になろうと思っています。