ボーイズバーアルバイト体験談 2017 / 08 / 24

新宿の高時給バイトは地方出身者がしびれるほどの高収入!

投稿者 マモル(22歳)

自分はもともと、地方の出身です。大学を卒業したら、自動的に親の家業を継ぐことになっていました。しかし、あらかじめ決められていたようなその道に、なんとかして抗いたい気持ちがあったのも、確かなことでした。

だから、親には何も言わずに、ちょっと挑戦してみようというつもりで、上京してきたのが半年前。…でも、やっぱり、そういう漠然とした志だけでは、なかなか東京ではうまくやれないもんなんですね。地方大卒業で、スキルも何もかもハンパな自分には、仕事なんてあるはずもありませんでした。

一人暮らしのための資金は、すぐにつきました。生活が苦しい期間がしばらく続き、もうそろそろ実家に戻った方がいいんじゃないかと思っていた頃に、友達の紹介で、新宿でこちらのメンキャバのバイトを始めたんです。それが正解でした。採用後すぐに、生活が一変しました。

メンキャバの仕事は、自分には適した仕事だったみたいです。もともと人と話すことは得意ですし、接客は苦になりません。むしろ、楽に稼げてラッキーみたいな感覚でした。とはいえ、あくまでバイトだから、新宿で高時給とは言っても、一人暮らしの生活が何とかやっていける程度だろうと思っていたのですが、なめていましたね(笑)

それはもう、地方出身者がしびれてしまうほどの高収入で…まさかちゃんとした職につくこともなしに、これだけお金が稼げてしまうなんて…一か月の給与を手にした時点で、すごすごと実家に戻るという選択肢は捨てました。

それからというもの、しばらくは鬼出勤です。お金に困っていた反動で、とにかくまとまった額を手元に置いておきたかったので、この時期は相当頑張りました。おかげで、手にしたのは貯金だけじゃありません。お客様とうまくお喋りするためのテクニックも、相当磨けたと思います。その成果でしょう、今でもほとんど指名が絶えることはありません。

お店の仲間によると、いくらメンキャバが割のいい仕事とは言っても、多くの人は、最初にちょっとした躓きを経験するみたいです。でも、僕の場合は、それもありませんでしたね。やっぱり、適性みたいなところも影響していると思いますが、何より、僕のケースだと、非常に切実な意味でお金に困っていたという点が大きいと思います。とりあえず稼がせてもらえるなら、もう一心不乱に頑張るしかないという気持ちでした。

今では東京の生活にも馴染み、地元に戻ろうという気も一切起こりませんが、その代わりに少しずつですが両親にも仕送りできるようになり、「東京でちゃんと生活できているよ」というアピールにもなっているのかな、と(笑)親はそんなことでも喜んでくれますし。

そうは言っても、どこまでこんな幸運が続くかわからないので、今のうちに貯金をもっと増やして、将来のことを考えなければいけないのも確かです。意外に、と言うべきか、しっかりと稼いだら、地元に戻って再出発というのもアリかもしれません。